Football soundtrack 1987-音楽とサッカーに想いを馳せる雑記‐

1987年生まれサッカー・音楽(ROCK)好きがサッカー・音楽・映画などについて思いを馳せる日記

【サッカー日本代表】代表のエースになれなかった7人のワールドクラス達

日の丸のスポットライトの少し外側、代表のエースでは無かった天才達。 サッカーの代表チームとは、名の通り国を代表する選手であり、それだけの能力と品格と実績を兼ね備えているメンバーが選ばれるものだ。 しかしながらチームなので、もちろん人数には上…

【音楽雑記7】向こう側へと僕を運ぶノエルの声

オルタナティヴな日常とROCK音楽 自分の中で、だが、平成なみに大きな1つの時代が、最近終わった。そう思える出来事があって、実はそれの後処理で超多忙なのである。 かれこれ忙しくてあんまり文章も書いてない。 が、目まぐるしく忙しい時間の中にも、急に…

曲の中にバンド名が出て来るロックソング11選 【音楽ファンを悶絶させるバンド間の浪漫飛行コラム】

溢れる思いを歌詞に載せて 曲の中にバンド名が出てくるロックソング特集 曲の中の歌詞に、他のバンドの名前が、単語として出て来る事がある。 こういう曲のジャンルに、誰か格好いい名前をつけて欲しい。 聞いてて分かるとドキッと心が躍り、その関係性にゾ…

【忘れたくない選手】ラウル・ゴンザレスに想いを馳せて-FWとは-

いまでこそ見たいラウルのプレー 2019.04 リライト Youtube時代の恩恵というか、今では何時でも何処でも気軽に名選手達のプレー集を見る事が出来る。 これが実は僕ら1987年生まれ位のファンの青春時代には、ギリギリなかった夢のツールなのだ。 いくつもの動…

【忘れたくない選手】デコに想いを馳せて-世界中のだれよりきっと上手い男-

チームの魔法の中心プレイヤー、デコに想いを馳せる 今までたくさんフットボールプレイヤーを見てきたが、サッカーが巧い人にも2種類いると思う。 巧さを見せつけ誇示するタイプと、淡々と飄々とするタイプ、の2種類。 見た目が派手な前者に大体の人は憧れが…

NIRVANA 'Incesticide'に想いを馳せるレビュー【ニルヴァーナ ディスクレビュー】

ニルヴァーナの問題作に想いを馳せる www.footballsoundtrack.com Nirvanaが好きである。 Smells Like Teen SpiritもAbout A GirlもServe The ServantsもBlewもPollyもLithiumもAll Apologiesも。 Nirvana - Smells Like Teen Spirit 洋楽のロックの道に入っ…

【C・ロナウドとメッシ】サッカー界最大のライバルに想いを馳せる

サッカー界最大のライバル、Cロナウドとメッシに想いを馳せる ライバルっていうワードは、何かと便利だ。 エンターテイメント的にも、商業的にも、盛り上がりやすい。 ビートルズとストーンズ、ブラーとオアシス、コービーとシャック、白鵬と朝青龍、サッチ…

【忘れたくない選手】ロナウジーニョに想いを馳せて-ヘテロドックスなプレイヤー-

サッカー界きっての異端プレイヤー、ロナウジーニョに想いを馳せて とある歴史雑誌で戦国時代最強鉄砲傭兵集団頭目の雑賀孫市の特集を読む機会があった。 圧倒的な鉄砲傭兵集団としての技術、数々のトリッキーな策により天下人織田信長を翻弄し続け、何度も…

もう見れないバンド達に、想いを馳せて

もう見る事の出来ないバンド達の音楽を聴いた時に思う事 もうこの目で見ることが出来ないバンド達にふと思いを馳せる瞬間がある。 定義は曖昧だが1980年代後半生まれでオルタナロック好きの僕にとってはNirvanaだったりOasisだったりNo Use For A Nameだった…

【長編レビュー】Weezerと青いスタンスミス【1987年生まれが大好きなバンド・ウィーザーに想いを馳せるコラム】

心のフェイバリットバンドWeezerに想いを馳せる長編コラム お気に入りの’何か’が出来ると、割とそれだけで良くなる位身体も心も軽くなる事ってありませんか? その’何か’が、ちょっと世間の流行りとかメインストリームからズレていても、めちゃめちゃ好きな…

【無人島に持っていくCDシリーズ4】ELLEGARDEN 'Don't Trust Anyone But Us'に想いを馳せる【全曲ディスクレビュー】

無人島に持っていくならどのアルバム?第4弾! 2019.4.5 リライト 無人島に持っていくシリーズ4。 新譜のレビューはやっていたけど、それ以外にも心に刺さったアルバムは山ほどあるのだ。 音楽友達と良く酒飲みながら話すネタ、無人島に持っていくならどのア…

人生を決定付けた1曲 ELLEGARDEN'Alternative Plans'に想いを馳せる

ELLEGARDEN 'Alternative Plans'に想いを馳せるコラム 元号が変わるなんて思いもしてなかった。 平成とタメで歳を重ねる1987年生まれの僕にとって、実は平成は凄く馴染み深かったのかもしれなくて、今のところしっくり来ない感が僕を支配している。 これはタ…

【無人島に持っていく一枚シリーズ7】The Raconteurs 'Consolers Of The Lonely'【ディスクレビュー】

無人島に持っていくならどのアルバム? 2019.04 リライト 無人島に持っていくCDアルバムシリーズ7。 新譜のレビューはやっていたけど、それ以外にも心に刺さったアルバムは山ほどあるのだ。 音楽友達と良く酒飲みながら話すネタ、無人島に持っていくならどの…

Weezer(Black Album)を聞いたレビュー【ウィーザー ブラックアルバム】

Weezerの12枚目のオリジナル・アルバムにして5作目のセルフタイトルアルバム’黒’を聞いた 前前作10th'Weezer(White Album)'はオルタナティブなウィーザーロックサウンドを前面に押し出し、ビーチをコンセプトにモダンなペット・サウンズとまで評価を受けたク…

【無人島に持っていく一枚シリーズ13】The Kooks 'Konk'に想いを馳せる【ディスクレビュー】

無人島に持っていくならどのアルバム? 無人島に持っていくシリーズ13。 新譜のレビューはやっていたけど、それ以外にも心に刺さったアルバムは山ほどあるのだ。 音楽友達と良く酒飲みながら話すネタ、無人島に持っていくならどのアルバムを持っていく?とい…

誰かに拡散したくなるロックな企画コラム記事5つのまとめ【ロゴ・ジャケ・タイトル】

読んでて誰かに言いたくなる。そんな素敵な暇つぶしの時間に いつもご覧頂いている方、たまたまたどり着いた方もありがとうございます! ここまでロック好き的に自分の頭の中で思いついたアイディアで文章を書き、少しでも皆様の素敵な暇つぶしになれば幸い…

Hi-STANDARDメンバーによるロックカバーソング10【NAMBA69,Ken Yokoyama】

Hi-STANDARD必殺のポップ/ロック・名クラシックスカバー、まとまめたサウンドトラックを作ってみた番外編!難波・横山両名のソロバンドでのカバーソング集! Hi-STANDARD必殺のポップ/ロック・名クラシックスカバー、まとまめたサウンドトラックを作ってみた…

【Hi-STANDARDの20曲】1987年生まれによるハイスタ回顧録2【恋に落ちずにはいられない重要な20の名曲】

今聴かずにいられない時代に残って来た重要なハイスタ20の名曲 前編の前書きはこちら! www.footballsoundtrack.com 人気記事!ハイスタカバーソング集はこちら! www.footballsoundtrack.com 今聴かずにいられない時代に残って来た重要なハイスタ20の名曲 前…

【待てないからサマソニを振り返る】SUMMER SONIC2019に向けて直近のサマソニレポートを振り返るまとめ【2016‐2018】

SUMMER SONIC 2019 出演アーティスト続々決定!過去3年分のサマソニを振り返るまとめ記事 Red Hot Chili Peppers、B'z、The Chain Smokersのヘッドライナー3組の発表を皮切りに、Rancid、The 1975、Two Door Cinema Club、The Struts、Bring Me The Horizon…

1987年生まれによるThe Offspring Songs 19 【オフスプリングの名曲19選】

今1987生まれロック好き的に振り返るオフスプリングの名曲 19選 今1987生まれロック好き的に振り返るオフスプリングの名曲 19選 バンドレビューはこちら! 1.All I Want 2.Prett Fry(For A White Guy) 3.Why Don't You Get A Job? 4.Come Out And Play (Keep…

The Offspringに想いを馳せて【バンドレビュー/オフスプリング】

今、炎のパンクロックカーズ オフスプリングに想いを馳せる 例えば、行きつけのお店が出来ると僕は同じ定食を頼み続ける。 『あいつ、あれしか頼まねーな』って店員さんに思われようがお構いなし。 冒険心がないわけではなく俺にはこれがいいのだ、という思…

アリスターみたいな音楽が流れる場所が好き-ALLiSTER 20年ベスト盤に想いを馳せる-【Somewhere On Fullerton】

2000年代USポップ/メロディックパンクを代表するバンド、ALLiSTERの20週年ベスト盤が出た 2000年になった位から2007年くらいまでのポップ/メロディックパンクの黄金期。 1999年にシカゴからデビューしたALLiSTERもこの時代を駆け抜けたバンドで、日本のパン…

【ライブレポ】The Offspring Japan Tour@豊洲PITに行って来た!

2019年最初のライブはパンクレジェンド、オフスプリングを見る ギンギンに寒い2019年1月10日。 何かと話題でホットな地域の豊洲は、体感で僕の家の近所の2倍は寒い。 厚手のパーカーの下、この日の僕の胸にはスカルマークが燃え盛っている。 何度も何度も見…

【音楽雑記】ちょっと普通じゃなかった平成30年 太陽に何を思う

普通じゃなかった2018年 今年って平成何年だっけ? 西暦と元号を2つ使う国だからこそ、誰もが30年で1度は言ったであろうワードを僕言ったことがない。 1987年生まれで昭和62年の僕は、自分の年齢がいつも平成と一緒だった。 僕は10月生まれなので誕生日から…

多忙につきブログ休止中につきよく読まれる記事のまとめ【1987年生まれ的音楽記事まとめ】

只今多忙につきブログ更新出来ません…その代わりのよく読まれるまとめ記事音楽編 多忙なのです。 新しい記事の思いつきを記事にまとめる時間が中々無いので、ご縁有りここまで辿り着いて頂いた方のために、少しでも素敵な暇つぶしになればとまとめ記事を作成…

1987年生まれによるハイスタ回顧録2

1987年生まれによるHi-STANDARD回顧録2!ソングリストの前に前書き 想いを馳せたい前書き 1987年生まれの僕はいわゆる’ハイスタ世代’と呼ばれる世代ではない。 前にも書いたが生まれながらのパンクスではなかった僕のAirJam2000とかハイスタ絶頂期の頃のヒー…

Mxpxの'Mxpx'で平成最後の年末は概ね良い感じだ【ディスクレビュー】

平成最後の年末は、ポキナッチャ君と共に このキャラクターを知っているだろうか? アメリカのストリートパンクバンドMXPXのキャラクターのポキナッチャ・パンクくんというイメージキャラクターで、僕のiPhoneのロック画面は2017年春のPUNKSPRINGで彼らを見…

【映画レビュー】ブラウン管の向こうから ’モネ・ゲーム’に想いを馳せる【ネタバレ・Gambit】

ブラウン管の向こうから届く絶妙な映画たち 映画を観る。 映画館ではなく、家で。 レンタルDVDでもオンデマンドもなく、テレビ放送で。 テレ東の午後を始め、BSで深夜やってるのを撮っといて後で見たり、金曜ロードショーとかを撮り貯めたり。 ブラウン管の…

ロックアルバムの1曲目特集その②!至極のオープニングトラック25曲【洋楽ロック音楽コラム】

ROCKアルバムのオープニングを飾る一曲目の名曲を集めてみたコラムその②! 日本と洋楽のアルバムの違いを知ってるか、と先輩からドヤ顔で受け継がれてた豆知識がある。 世界のROCKアルバムは1,2曲目にキラーチューンを持ってくるのだ。 確かにだ、余程知って…

【ディスクレビュー】Weezer ピンカートン 20年目の100万枚【ウィーザー】

WEEZERの怪作、アルバム'Pinkerton'に想いを馳せる 2016年、1996年発売のWeezerの2ndアルバム”ピンカートン”が発売20周年を迎えた。 そしてようやく先ごろアメリカで100万枚売れてプラチナディスクに認定されたらしいのだ。 Weezerファンとしては個人的に朗…