読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Football soundtrack 1987-音楽とサッカーに想いを馳せる雑記‐

1987年生まれサッカー・音楽(ROCK)好きがサッカー・音楽・映画などについて思いを馳せる日記

【300時間位聴きながら蹴って分かったサッカーに合う音楽20選】footballsoundtrack vol3-サッカーに合うオルタナティブロックを探す旅【PUNKROCK】

300時間くらい聴きながら蹴ってわかったサッカーに合う音楽第三集

いつもご覧いただいている皆様ありがとうございます。
yellowScaleです。

f:id:idwcufds:20161004230422j:plain

 

 
このブログのテーマにもなっている企画、第三弾!
300時間くらい聴きながら蹴ってわかったサッカーに合う音楽
フットボールサウンドトラックvol.3をまとめましたのでご覧ください。
 
ハイスタの新作があったり、グリーンデイの新譜があったりとパンク熱が再燃している中、
今回はポップパンク編という事で絞ってみました。
思わず身体が動かしたくなるというのはもちろん、フットボールのスマートな一面も惹きたてるスタイリッシュなパンクロックを20曲、独断と偏見で集めてみました。
もちろん一つのポップパンクサウンドトラックとしても楽しんで頂いても、それ幸いです!
 
なんとなくのルールと定番の第一弾としっとりとした第二弾はコチラ
 
 
それではお付き合いください。
 

1.koopa 'Friday'

UKポップパンクの隠し玉、 koopaのナンバーで開幕します。
隠し切れないインディー感が逆にスマートに聞こえる。
程よく気の抜けたレイドバック気味なボーカルの声が、カラフルなサウンドに乗った時に生まれる不思議なキレがいい。
終わり方もいいんです。
 

 

Friday

Friday

  • Koopa
  • ロック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

2.ELLEGARDEN'Red Hot'

大好きエルレの屈指の必殺ポップパンクナンバー。

衝動的なサウンドが、ジャーン!ジャーン!とキレ良く鳴らされるド直球のキャッチーさに体が動く。
こういう即効性あるポップパンクの楽しさは、フットボールの会場にも合うのだ。
 

 

Red Hot

Red Hot

  • ELLEGARDEN
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

3.monoeyes 'when I was king' 

もう一つ細美率いるモノアイズのパンクナンバーから。
中性的・都会的な細美のボーカルに始まり、スタイリッシュなサウンドが続く。
サビの盛り上がりで振り回される音のキラキラとした飛沫が、実にスポーティさも感じさせる。

 

When I Was a King

When I Was a King

  • MONOEYES
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

4.Ken Yokoyama 'I don't care'

ハイスタにあやかり、ケンの最新アルバムからパンクナンバー。
冒頭から跳ね回るドラムに、コミカルでエッジ満載のギターリフが炸裂する。
リフレインされる歌メロがに頭の中をからっぽにして、心に火をつける強烈なテンションアップソング。

 

I Don't Care

I Don't Care

  • Ken Yokoyama
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

5.No Ure For A Name 'Let Me Down'

トニーの漂うソロパートで始まるノーユースフォーアネームの哀愁パンク。
こういう幕開けの曲はフットボールにも合う。
ピッチのどこにいようと優しく耳に届く音とトニーの声。
もう最高です。

 

Let Me Down

Let Me Down

  • No Use for a Name
  • オルタナティブ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

6.Sum41 'Makes No Difference'

復活したパンクヒーロー、サム41の初期中の初期のナンバー。
リズミカルに刻まれまくるギターに、ささくれ立ったデリックの声。
それでも曲全体から醸し出される爽やかな青空感が、すんなりと心に入ってくる。

 

Makes No Difference

Makes No Difference

  • SUM 41
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

7.Greenday 'Geek Stink Breath'

僕らのパンクレジェンド、グリーンデイからこの一曲を。
爆裂音の様なジャムが炸裂するオープニングから、キャッチーに広がるグリーンデイの職人芸ともいえるポップパンク。
テンポといいバウンド感といいサッカー向きの一曲。

 

Geek Stink Breath

Geek Stink Breath

  • Green Day
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

8.Fall Out Boy 'A Little Less Sixteen Candles, A Little More "Touch Me"'

パンクロック界のスタイリッシュ超新星枠のフォールアウトボーイの一曲。
センチメンタルなメロディーに高音ボーカルがオシャレに映える華のあるパンクソング。
スマートにエモーショナルな感触がフットボールらしい。

 

A Little Less Sixteen Candles, a Little More

A Little Less Sixteen Candles, a Little More "Touch Me"

  • フォール・アウト・ボーイ
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

9.Lagwagon 'After You My Friend'

安定感抜群、パンク界の頼れる先輩ラグワゴンからキャッチーなナンバー。
いろはのい、を忠実になぞるど真ん中のメロコアパンクサウンド。
グッドメロディーに、魔法の様な不思議な魅力のジョーイの声がドラマチックに響く。
夜のコートなんかには映える一曲だ。

 

After You My Friend

After You My Friend

  • Lagwagon
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

10.Simple plan 'My Alien'

ポップパンク永遠のトップランナー、シンプルプラン。
たくさん代表曲はあれど、この曲が最もフットボールに合うのだ。
眩いばかりのキャッチーさに、スウィートなメロディーが微睡むように漂う一曲。

 

My Alien

My Alien

  • シンプル・プラン
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

11.All Time Low 'This Is How We Do'

新世代ポップパンクバンドの旗手となったオールタイムローのリードナンバー。
電光石火の早業でパワーが注がれて、テンションを掌握されるメロディックパンクの極意が満載。
荒々しい中にも、スマートなエナジーが凝縮されていて、爽やかなパンキッシュさがコートの緑に合う。

 

This Is How We Do

This Is How We Do

  • All Time Low
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

12.Neverstore 'Stayforever'

北欧ポップパンクの宝石、ネヴァーストアの必殺のキラーチューン。
粗くうねるベースラインからもう完璧に期待通りの展開。
エッジの効いたサウンドの尖り具合と、わずかに感じる憂鬱なムードが夜のフットボールっぽいパンク。

 

Stay Forever

Stay Forever

  • Neverstore
  • オルタナティブ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

13.Sugarcult 'Daddy's Little Defect'

フットボールサウンドトラックにはおなじみというか広めたい、のシュガーカルトの1stからこのパンク。
高らかなギターがヒリヒリする冒頭の展開から、ティムのセクシーな声が相変わらずいい。
少しアンニュイな感じがロマンチックを感じさせる甘いナンバー。

 

DADDY'S LITTLE DEFECT

DADDY'S LITTLE DEFECT

  • Sugarcult
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

14.The Offspring 'One Fine Day'

パンク=が成り立つオフスプリングからこのナンバー。
全篇通してカラッカラに陽気に走り回る西海岸らしいパンクナンバー。
賑々しいパンクパーティーチューンは、ピッチの上でも走りたくなる。

 

One Fine Day

One Fine Day

  • The Offspring
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

 

15.MxPx 'Sad Sad song'

スポーティーなパンクの走りでもあるエムエックスピーエックスよりこの曲。
抑え気味のダブサウンドの中にもハイセンスなパンクを感じるスタイリッシュなミッドテンポのナンバー。
終始優しいコーラスがコートの周りに漂う感じがたまらなくいい風景。

 

Sad Sad Song

Sad Sad Song

  • MXPX
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

16.Nirvana 'Turnaround'

ニルヴァーナの問題作インセスティサイドよりこのパンクナンバー。
まさに’壊れたpunk’の一曲。
でもこの重い爆走感は唯一無二。
奇妙な感じもあるけど、たまらなくカッコ良く、夜妖しく蹴りたい人は是非。

 

Turnaround

Turnaround

  • ニルヴァーナ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

17.Blink182 'Wendy Clear'

華々しい復活を遂げたブリンクからこの名ポップパンクナンバー。
クリアなサウンドに、ノイジーな声がぶっ飛んでいるくらいに合う。
強烈な個性なバンドはフットボールにぴったり。

 

Wendy Clear

Wendy Clear

  • Blink-182
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

18.Allister 'Overrated'

日本でお馴染みアリスターから楽しくなるようなこの曲を。
ほのぼのとこじんまりとしながら、締めるところは締める彼らは密かにすごいバンドだと思う。
楽しげなコーラスとなじみやすいサウンドが良い意味でサウンドトラック向きである。

 

Overrated

Overrated

  • アリスター
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

19.Foxboro Hot Tubs 'Mother Mary'

グリーンデイの覆面ロックンロールバンド、フォックスボロホットタブスより代表曲。
白黒でコマ送りの映像でも流れるかのようなクラシックなロックギターに艶のある声がドライブしていく快感。
この落ち着きはらった貫禄の雰囲気は、ベテランフットボーラーにも通ずる。
最前線のバンドのクラシックスへのリスペクトは見ていて気持ちのいいものだ。

 

Mother Mary

Mother Mary

  • Foxboro Hot Tubs
  • オルタナティブ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

 

20.Hi-Standard 'Endless Trip'

祝完全復活という事でハイスタで締め。
きっと僕らのDNAにはハイスタを聴くと入るスイッチみたいなものがある。じゃないと説明のつかない手放しの昂揚感。
ロマンチックさすら感じるギターリフに、力強いベースライン。縦横無尽に涙腺を刺激しまくる。
個人的に大好きな曲を聴いて、大好きなボールを蹴るなんて。至福の時だ。

 

Endless Trip

Endless Trip

  • HI-STANDARD
  • オルタナティブ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

 
 
 
以上いかかでしたでしょうか?
フットボールではJリーグも佳境・アジア最終予選も正念場に入る。
パンクではハイスタが奇跡の音源発表・グリーンデイもアルバムを控える。
どっちも今年一番の盛り上がりを見せるこの季節。
スポーツの秋に合わせてお気に入りの一曲を探していただければ幸いです!
 
それでは次回のサウンドトラックで。