Football soundtrack 1987-音楽とサッカーに想いを馳せる雑記‐

1987年生まれサッカー・音楽(ROCK)好きがサッカー・音楽・映画などについて思いを馳せる日記

【忘れたくない選手レビュー】バルセロナの心臓 デコに想いを馳せて

チームの魔法の中心プレイヤー、デコに想いを馳せる

 

f:id:idwcufds:20161025233434p:plain

今までたくさんプレイヤーを見てきたが、サッカーが巧い人にも2種類いる。
巧さを見せつけ誇示するタイプと、淡々と飄々とするタイプ。
見た目が派手な前者に大体の人は憧れがちだが、やや誇張気味だしメッキが剥がれると相当かっこ悪い。
グラウンドレベルで見て、後者の方のスマートに、ナチュラルにプレーする姿の方が美しさを感じるし、最小限のさりげない創造性に息を呑み底の見えない怖さすら感じる。
宮沢賢治の雨ニモ負ケズでなりたいっていうのは、ざっくり言うとこういう人じゃないのか。
そういう人に私はなりたい
 

f:id:idwcufds:20161025233542j:plain

何人かそんな選手は思い当たるが、僕が特に推したいのはデコだ。
モウリーニョと共に旋風を起こし、バルセロナの心臓として名を馳せた名プレーヤー。
平然と、ふてぶてしく、どんなプレーでも出来た記憶に残るロマンチックな選手。
忘れられないし、忘れたくないなって思う選手に想いを馳せるレビュー。
今回はデコに想いを馳せる。
 

ブラジル産ポルトガル開花

 
良い才能を持ちながら中々評価されず鳴かず飛ばずの成績に終わるサッカー選手は多い。
デコはプレーヤーのスタイルからしてそうなる危険もあったと思うが、タイミングと巡り合いが彼の才能を開花させた珍しいケースだ。
 
1977年ブラジルのサンパウロで生まれたデコは17歳でブラジルの名門コリンチャンスと契約するが試合に出れず、才能の宝庫ブラジルでは期待もかけられない若手の一人だった。
そこで環境変える為にポルトガルへと渡るのだがこれが大成功となる。
ベンフィカに所属しながら2部にレンタルされて伸び伸びとプレーして成績を残すと、移籍のステップアップを繰り返し1部の強豪FCポルトに引き抜かれる。
トップ下のポジションを経てレベルの高いプレーを見せていたデコに、また大きな出会いがある。
2002年に監督に就任したモウリーニョとの出会い。
 

f:id:idwcufds:20161025233917j:plain

 
稀代の名伯楽に率いられ後にポルトガル代表の仲間として戦う選手とともに、ポルトガルのみならず、欧州を制覇しCLでMVPを獲得するまでの選手にもなる。
そして逆に才能を持て余している感あったクアレスマとのトレードで堂々とバルセロナに移籍しリーガの連覇と自身二度目のビックイヤーを手にする。
ピッチのど真ん中の不動のセンターハーフのポジション、まさしくバルセロナの心臓として今に続く黄金時代の幕開けにふさわしい活躍を見せるのだ。
 

f:id:idwcufds:20161025233956j:plain

一方で代表選手としても、その才能を活かされる運命を辿る。
魅惑的な攻撃を標榜するスコラーリ監督に目をつけられ、ポルトガル国籍の取得を進められ、ポルトガル代表の主力として据えられる。
当時代表だった選手からは反発もあったようだが、自身の活躍でポルトガルを多くの勝利に導き、黙らせる。
そして欧州選手権にもW杯にも出場し、代表プレーヤーとしても華々しい活躍を見せるのだ。
 
タイミングや巡り合いにも支えられた輝かしい経歴で、一つ特色あるキャリアだと言えるデコ。
少なくなかった雑音が次第に収まって行く様に、彼の飄々とした姿が重なり、そのプレースタイルをさらに上質なイメージにさせるのだ。
 

プレースタイル

トップ下そしてセンターハーフとしてプレーしたデコだが、バルセロナやポルトガルでのセンターハーフの印象が強い。
心臓部であるポジションでさらに一流選手となれば、ボールを奪われる事なくチームを動かしながら、個人が持つオリジナリティーでチームに色を付けるまでになる。
ピルロの柔のキックと、ジェラードの剛のキック。マケレレのスタミナやビエラのフィジカル。
それらはチームの武器として、或いは欠かせないキーとして、存分に力を発揮する。
 
そう考えた時にデコのオリジナリティーは何か?
キックも正確だし、ゲームメイク・視野の広さも抜群、ボールタッチも柔らかい。
デコには全てが世界基準で装備されていて、それでいてその底を見せない深さがある
 
どれだけ囲まれていても、ミニマムでマジカルなタッチでいなす。
針の穴を通すパスも、キックのタイミングのわずかな工夫でより最適なものになる。
大きなフェイントもなく、簡単に逆を突くアイディアを瞬時に実現できる。
 
何か言葉にするなら創造性ークリエイティビティ―が優れている。
ロナウジーニョもいた当時のバルセロナは結果だけでない魅力があった。
今でも世界一には違いないが、ロナウジーニョとデコが去り創造性は間違いなく失われた。
飄々と高次元のプレーし底を見せない。創造性がにじみ出るボールタッチは優雅で見る者を惹きつける。
それが多くの人の目に焼き付いて、前述する巡り合いに繋がったのだと思うのだ。
 
大胆不敵にプレーする一方で、冷徹に急に’キレる’事もしばしばある。
南米生まれらしいムラッ気も多少持っており、あっさりとラフプレーで一発退場も良く見る光景だ。
玉にきず、な部分ではあるのだが、単なるスマートな選手ではないエネルギーもそこに感じる事で、さらに底の深さを感じるのだ。
柔も剛も、冷静と情熱も。
そんなプレーヤーとしての幅が、彼の最大の魅力なのだ。
 

歴代トップクラスの成績と忘れられないプレースタイル

f:id:idwcufds:20161025234614j:plain

 
バルセロナからチェルシーに移籍し、ベテランとなっても一時期レギュラーを取り戻すなど、輝きを放ったデコ。
晩節はブラジルでプレーしそのサッカー人生を終える。
獲得したタイトルは、ポルトガル・スペイン・イングランド・ブラジルでのリーグ優勝、UFEAカップ、CL2回。
個人的にもCLのMVPやクラブワールドカップでのMVPも受賞。
ブラジルから’干された’若手の成績としては、想像もできない歴代トップクラスのキャリアを築き上げた。
やはりそのプレースタイルによる底の見えない巧さは、本物なのだと証明したのだ。
 
正直に言って今のバルセロナを全く好きになれないのも、この時代のデコを中心としたサッカーがカッコよすぎたからに他ならない。
メッシ・スアレス・ネイマールが何点取ろうが、デコみたいな選手を追っかけ続ける。
僕にとっては、デコとグティが中盤にいればそれだけでいいのだ。
こんなサッカーの追い方も悪くはないし、こういう選手たちを忘れたくない。
そういう人に私はなりたい。のだ。
 
そんなデコのFootball soundtrack的テーマソングはクールでスタイリッシュなBlurから2曲。
是非聴いてみてください。
 
【Football soundtrack  theme DECO】
Blur ’Song2' & Blur ’Coffee & TV'

 

Song 2

Song 2

  • ブラー
  • ポップ / ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

Coffee & TV

Coffee & TV

  • ブラー
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

それではまた別の記事で!