読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Football soundtrack 1987-音楽とサッカーに想いを馳せる雑記‐

1987年生まれサッカー・音楽(ROCK)好きがサッカー・音楽・映画などについて思いを馳せる日記

【コラム Greenday】生涯大切にしたい歌の話-Greenday 'redundant' 'Good Riddance (Time Of Your Life)'

当たり前の様に降る雨の中、想いを馳せた素晴らしい一節

f:id:idwcufds:20170502164926j:plain

4月も終わりを迎え、5月に入ったくらいの時期、今年は良く雨に打たれた。
何かを現してるかの様な不安定な大気は、まるで雨が降ってる事が当たり前みたいな雨を数日の内に何度も浴びせてきた。
でも急にバキッと晴れた日が多かったせいか、この雨は逆に清々しく、傘もささずに好きな曲を口ずさんでみたりする。
こういう時に口ずさむ曲って大体決まってる。
それは結構自分にとって大切な曲なんだって事だと思った。
 
大切なものはたまにでいいのだ。
毎日は聞かないけど記念碑的な名曲。
もう自然に口ずさむくらい僕の人生に刻まれてる
お気に入りの曲は?って聞かれると雨粒の数くらいあげたくなるけども、大切な曲は?って聞かれると仕分け方が変わってくるし、そう多くはないものだ。
 
僕は同じバンドに2曲、生涯大切にしたいと思った曲がある。
GreenDay'Redundant''Good Ridance(Time Of Your Life)'だ。
 

f:id:idwcufds:20170502165201j:plain

自分にとって、あまりにも重要な存在なGreenDayだからってのもあるが、ボケッと聞いてても耳を奪われる良い曲なのに加え、素晴らしい一節に心も奪われた。
今日はこの2曲に想いを馳せる。

 

この2曲の情報

f:id:idwcufds:20170502165344j:plain

 

GreenDayの1997年発表のアルバム'Nimrod'にこの2曲とも収録されている。
Nimrodってアルバム自体メチャクチャいいアルバムだと昨今思うんだがそれに付いてたまた今度触れたいと思う。
Dookieというモンスター化されたヒットを飛ばした後のアルバムで、理不尽なハードルを設けられたアルバムだったが、今の彼等にも通じるメロディーの美しさとロックさみたいな物がちりばめられたアルバムだと思う。

今日の2曲はどちらもグリーンデイらしいアッパーなパンクチューンというわけではなく、ミディアムなロックバラードに近い。

 


Green Day - Redundant [Official Music Video]

 

リダンダントはシングルカットもされたミドルロックチューン。
歪んだギターリフこそ重みはあれど、暖かみのあるメロディーラインが漂いながら優しく降り注いできて、その中心で佇む様に、しかしはっきりと自然なビリーの声が奏でられる。
霧雨が街頭でぼやがかった様な白くにぶい光に包まれる様な光景が思い浮かぶ。

 

 


Good Riddance (Time Of Your Life) [Official Music Video]

 

一方でグッドリダンスはアコースティックな弾き語りから始まる。
古き良きメロディーを奏でながら、語りかけるようで魂に響く歌をビリーが綴る。
ギターと声だけという紛れもない等身大さに、ここまで圧倒されるのもグリーンデイのビリーという事の存在感を感じる。
後述する曲の内容もあり、卒業式とかで普通に歌われてるらしい。
ライブでも良くラストを飾る曲になる。

 

 

その素晴らしい一節

f:id:idwcufds:20170502170239j:plain

洋楽を聴かない人、聴く人にはそれぞれの理由があって、その理由は大体表裏一体である。
なんでわざわざ英語で聴くの?いや、音楽に言葉は関係ない。
そんな感じだ。

ただ英語らしい表現で、僕らの心を色づかせるような素晴らしい表現があるのも事実なのである。
例え聴いた瞬間に理解できなくとも、その音の色づきに感嘆を受け、その色づきの根底にある想いに触れて胸がいっぱいになる。
僕はこの2曲にその感覚を受けた。

 

Redundantという言葉は余分な、とか冗長なとかいう意味がある。
リストラする、とかいう意味でも使われる様で、必要以上のというニュアンスがある。
歌詞のシナリオは、繰り返しされるお決まりのルーティンで構成される世界の日常を忌み嫌い、危惧する内容。

自分の理解力が拙い事もあったのだが、サビの部分の歌詞を見て、最初はラブソングなのかと思った。

Now I cannot speak, I lost my voice.
I'm speechless and redundant.
'Cause I love you's not enough.
I'm lost for words.

喋れなくなる、言葉を失うんだ。
僕は無口にもなるし、余計な事をいってしまう。
なぜなら僕の失われた言葉たちでは、君に愛してると十分に伝えられない。

 

redundant という言葉が、 speechlessという言葉と共に使われる事で、急速に理解できた。
長くいればいるほど、すなわち繰り返しが多いほど、愛しているという言葉が伝わらなくなっていく。
言おうとしても言えないし、大仰な言葉になってしまうんではないか。
男心に近い、恥じらいの感情も感じるこのリダンダントという少しの言い訳は、男には頷けるものがあるんじゃないかと思う。

ビリーの声が諭すように、男ってそうなんだよなって、隣にいるような近さで言われているような気になる。
ナチュラルで根っこの部分、ロックスターではない彼に触れられるのだ。

 

f:id:idwcufds:20170502170504j:plain

 

Time Of Your Lifeという熟語の意味は、一生に一度の楽しい時またとない君の中での楽しく君らしい時間、という意味がある。
そしてこの歌は、グリーンデイからの教訓的な歌なのである。

人生の分岐点において、選択の時には時間という概念が腕を掴んで向かうべき方向へと導いてくれる。文句を言わず、こなしてみる。これは時からの教訓なのだ。

 

It's something unpredictable but in the end is right.
I hope you had the time of your life.

予測何てできないけど終わりはいつも正しいのだ。
君が君らしく最高の時間を過ごした事を願う。

 

感情立った言葉だけでなく、優しく促す様な彼等の理屈
叫びではない、パンクバンドの真摯な言葉がこの曲にはある。
アーティストとしてというか、彼らが一人の人間としての教訓を説く様で、こんなにも優しく僕らの心を彩るのだ。
限りなくシンプルで暖かい音と言葉は、時にどんな電子音の武装をした大きな音よりも衝撃を走らせる。
そして優しく紡いだ繊細な音と言葉も、彼らだからこそ艶やかなエネルギーに満ちたモノになる事が、この歌を生涯大切にしたいと思える理由の一つなのである。

 

大切なものと一緒に生きる

f:id:idwcufds:20170502170652j:plain

音楽ファンてのは、確実に大切な曲を心に秘めていて、ここぞって時にそれを開放するんだろう。
僕の場合あっさりと雨の中で歌ってしまったが、それもまた一興なんだろうと思いたい。
このまま行けば、自分の葬式で流す曲はこの2曲になるんじゃないか。
この曲に恥じずに生きる
そう思いたい。
雨の夜中、傘もささずに口ずさむこの歌はきっと僕は忘れない。

皆様には生涯大切にしたい曲があるだろうか。

それではまた別の記事で。