Football soundtrack 1987-音楽とサッカーに想いを馳せる雑記‐

1987年生まれサッカー・音楽(ROCK)好きがサッカー・音楽・映画などについて思いを馳せる日記

【時間を忘れ見てしまうおすすめロックMV集2】1987年生まれロック好き的 名作ロックバンドMVのススメ

広告

観てて時間を忘れてしまう、食い入る様に見てしまう名作ROCK Music Video集

最近You Tubeに'お前コレも好きだろ?'と指摘されて気づいたが、僕はMV(ミュージックビデオ)/PV(プロモーションビデオ)が好きである。

f:id:idwcufds:20181028234921p:plain

 

スマホを見すぎるとスマホにすら怒られる昨今、秋の夜長寝れない夜に4-5分で見れるMVはお勧めだ。

と思ったら結局1時間位見てたっていう大好きなMV集の第2弾。

 

今回はオルタナティブ・ロック界に誇る面白くカッコイイ名作MVを集めてみました。

短編映画を見ている様なストーリー仕立てだったり、メッセージ性の強いもの、或いはその反対で'こういうの面白くない?'みたいな斬新でファニーな試みだったり。

そのデザインのアイディアにまずは’面白い!’と心を掴まれ、映像というか最早小さい物語にグッと引き込まれながら、流れる音楽は最高と来た。

見ずにはいられない名作MVのススメ、まずは4-5分どれか1個でも見てみて頂ければ幸い。

 

それではお付き合いください。

 

部屋で弾いている大好きMV集はコチラ

www.footballsoundtrack.com

1.Blur - Coffee and TV


Blur - Coffee and TV

まずは元祖捻くれ系天才オルタナティヴロックバンド、ブラーの一曲。

家を出て行方知れずの息子を探すため、牛乳パックに広告を出した家族、主人公はなんとその牛乳パック。
牛乳パックが家族を笑顔にさせようとその息子を探す旅に出るアニメ的なアドベンチャー形式のストーリーが素敵だし、フィギュアがあったら買うくらい牛乳パックの表情とコミカルな動きがが超かわいい。
タイドなメロディーも映像の仄かな暖かさと相乗的に作用して物凄くライトな聴き心地で、バンドを発見するシーンのデーモンの屈みながら弾き歌薄型は超絶かっこいい。
でしょうね、ってオチ後ラストの再開シーンに不意に心温まる。

 

2.Foo Fighters -Walk-


Foo Fighters. Walk.

名作から迷作までMVには定評のあるフー・ファイターズの一曲。

こういう始まりのハリウッドのハートウォーミング系の映画あるだろって完成度のデイヴの演技。

バンドサウンドのドライブに合わせストーリーも徐々にふざけながら加速していく。

精一杯ふざける演技も決してチープじゃなく楽しいし、何より最後の演奏シーンにバシッとキマるカリスマぶりは、そこまでのフリが聞いてて息を呑むくらいカッコイイ。

どこまでもナチュラルに溢れ出すロックアイコンとしてのハイパーさと、下らない事が大好きな茶目っ気こそ彼らがロック界の頂点で太陽のように輝く理由の1つだ。

 

www.footballsoundtrack.com

3.Weezer - Pork And Beans


Weezer - Pork And Beans

Weezerのヘンテコぶりはしばしば芸術家とのコラボレーションでいい方向に転がっていく。

マシュー・カレン監督のもと作成された2008年レッドアルバムからのシングル曲もファニーなデザイン。

当時YouTuberなんて言葉は無かった時代の話題を集めていたYouTubeの動画のオマージュをコラージュしまくっている。

ダフト・パンクとかオール・アメリカン・リジェクツの動画だったり果てはミニモニ、その他全然ジャンルも違うヘンテコスーパーな動画達。

パワーポップの穏やかで躍動的なビートに乗っかり、サビにはメントスコーラの噴水のもと鮮やかに弾ける晴れやかな可笑しさ。

www.footballsoundtrack.com

4.Green Day - Jesus Of Suburbia


Green Day - Jesus Of Suburbia [Official Music Video]

傑作MVの多い世界で最もファニーな心をもつハイパーロックバンド、グリーンデイ。

'Wake Me Up~'や'Basket Case'などの傑作と並ぶ絶賛を受けるパンクオペラのこの曲のMVも必見。

アメリカン・イディオットの主人公の1人、セイント・ジミーの物語で、郊外のジーザスだったシド・ヴィシャスみたいな男が周りのものを全部捨てて旅立つまでの物語が苛烈に描かれる。

ストリートらしい感情的なサインの数々、歌い演奏するグリーンデイが所々TVで流れ、それを食い入る様に見つめる主人公が実にノスタルジック。

何よりも曲の展開にマッチした映像展開、様々な解釈を呼ぶこの曲はこのMVと共に想いを馳せれば完成すると思える。

www.footballsoundtrack.com

 

5.Gorillaz - Feel Good Inc.


Gorillaz - Feel Good Inc. (Official Video)

ゴリラズは、ブラーのデーモン・アルバーンとクリエイター、ジェイミー・ヒューイットが仕掛ける世界でもっと有名な架空のオルタナティブバンド。

堕落して煌びやで下品なポップシーンのカウンターとして不気味でアングラな架空バンドの世界観を音楽と共に強烈に描いたアニメーション。

カルトな雰囲気を吹き飛ばす程に練られたアートサウンドは、ダークなモノにも関わらずチャートを席巻した。

当時一緒に流れまくったこのMVも大きな反響を呼んだ。

架空メンバーひとりひとりの設定がぶっ飛んでいてそれも楽しいところ。

クライマックス、ドスの効いた雲の前、ツーディーが崖の上でギターを弾くシーンは、胸が締め付けられる程切なくてかっこいい。

 

6.Beck 'Hell Yes'


Beck - Hell Yes

オルタナ界のプリンスのベックの名曲。

デジタルでマジカルな音世界に、扇子持って踊る可愛いアシモたち。

機械的なロボットの表情が見えてくる様に、デジタルな音も徐々に生の感触に変わってくる。

徐々に多彩になるロボットのダンスに見入ってしまう、この無機質と有機質を漂うような異次元のベックのサウンドを踊れるのは、ロボット以外にはいないのかもしれない。

www.footballsoundtrack.com

 

7.The HIATUS -Superblock


the HIATUS - Superblock(Music Video)

日本の誇る音楽表現者集団ハイエイタスのきってのスタイリッシュナンバーのMV。

廃れたパーティーを思わせる光景と、アニメーションを嵌め合せた映像で、差し込まれるアニメがオマージュになってて観ていて面白い。

スタイリッシュなビートと、レトリックな世界観のメロディーが、緩やかにスムーズに映像となじむインパクトが凄いMV。

何より一番カッコいいのは、スーツを着崩した細美武士だと、ファンなら声を挙げたい。

 

www.footballsoundtrack.com

 

8.OK Go - This Too Shall Pass - Rube Goldberg Machine


OK Go - This Too Shall Pass - Rube Goldberg Machine - Official Video

天才的ミュージックビデオ作成集団のオーケーゴーの傑作。

一発撮りのマーチングバンドとか、人形劇とか、やたらとカラフルで凝りに凝った美大生の作品みたいなMVを数々作ってきた彼ら。

この作品はループ・ゴールド・マシン、日本でいうピタゴラスイッチを使った映像になる。

ところどころメンバーが顔を出してくるけど、全然そんなことより装置が凄すぎてそっちを見てしまう。

でもメンバーの顔が少し満足気なのがいい。

 

9.Panic! At The Disco ‐I Write Sins Not Tragedies


Panic! At The Disco: I Write Sins Not Tragedies [OFFICIAL VIDEO]

ミステリアスなオルタナロックバンド、パニックアットザディスコの名曲。

不可思議で妖しいマジカルなサウンドと、強烈にシンクロするピエロだらけの結婚式の映像。

ドタバタ劇な中にもセクシャルで甘美な雰囲気を失わないカットの数々が素晴らしい。

めまぐるしく場面がかわるので一瞬で終わったように思える。

この表現力が奇妙さ抜群の世界観を支え、世界的なバンドへとなった。

 

10.Arctic Monkeys - The View From The Afternoon


Arctic Monkeys - The View From The Afternoon

現代インディーロックシーンの最先端を行くアークティックモンキーズの初期の名曲。

時代を加速させた名曲のMVは大体カッコいい。

モノクロで、街のど真ん中でドラムをひたすら叩いている。このスピード感。

たまに出てくる引きの画の急さが心奪われるかっこ良さ。

白い息もリアルでいい。

 

11.Oasis - The Masterplan


Oasis - The Masterplan

オアシスのノエルボーカルの大名曲。

燻った街のリアルで作りこまれた感じが何か見入ってしまう。

意外と色んなことが起こってる。

歩き方でわかるリアム。ノエルが歌ってる横でタンバリン叩いてるリアルさ。

ビッグメロディーの裏でどこか暗い部分を感じさせる音が、かなり的確なタッチの映像で雰囲気出したのがこのMVだと思う。

www.footballsoundtrack.com

 

12.Radiohead - No Surprises


Radiohead - No Surprises

最も異様なロックバンドのレディオヘッドの怪作MV。

カプセルみたいな中で、水に満たされていくトムヨーク。

シュールはシュールなんだけど、圧倒されるくらいの距離感と緊迫感。

そして音の美しさのレベルの違いに圧倒される。

宇宙的なメロディーのタッチの浮遊感のまま、聴いて見てその世界に浸れるすごい作品。

 

13.Nine Inch Nails - Only


Nine Inch Nails - Only

ナインインチネイルズの変則的で傑作なMV。

刻まれ続けるビートがデジタルを超えて、日常にはみ出してくる。

釘のうねりが表すトレント・レズナーがリアルで、曲に合わせてノイジーにミクロな世界が揺れまくる。

曲のインパクトを増す印象的なカット割りが終始続き、どんどん引き込まれる。

アイディア、演出、音楽との相性、どれをとっても最高峰の芸術MV。

 

14.Hoobastank - The Reason


Hoobastank - The Reason

ヘヴィーながら美しいエモーショナルなロックを奏でるフーバスタンク最大の一曲。

そもそもこの曲が大好きで、後からMVは見たんだがドンデン返し的な展開にびっくりした。

曲の美しさを際立たせる、ただただ悲惨そうなMVかと思いきや、のストーリーは必見。

ちなみにこのMVの続きといか結末が'Same Direction'になっている。

これまたドンデン返しにされるので必見。

 

15.東京事変 - 群青日和


東京事変 - 群青日和

最後は椎名林檎率いる東京事変のMV。

演奏シーンがかっこいいし、ライトの当たり具合が絶妙でとってもいい。

ラスト、ギター弾き終わりハニカム彼女の姿がとてつもなく途轍もなく可愛い。

男子・男性は絶対に見てくれ。

 

時代を彩った音と映像

以上ご覧いただきありがとうございました。

名作といわれるMVは、一瞬で目を奪われる工夫と煌めきがある。

音とシンクロするその世界観に取り込まれ、あっという間に見入ってしまう感覚がある。

ちょっとおすすめの時間の過ごし方だ。

 

それではまた別の記事で。