Football soundtrack 1987-音楽とサッカーに想いを馳せる雑記‐

1987年生まれサッカー・音楽(ROCK)好きがサッカー・音楽・映画などについて思いを馳せる日記

Neverstoreに想いを馳せて-ポップパンクの新しい宝石-

ポップパンクの結晶、Neverstoreに想いを馳せて

 

やっと見つけた新しい宝石の様なバンドだった。
こっちの身勝手な都合でもあるのだが、新しいバンドをずっと探してても自分のフィーリングに中々嵌らない時期がある。
やっぱり中々無いよなーくらいの玄人を気取ってCDショップを徘徊する自分が、アリだと思っていた時。
音楽ってのはもうちょいポジティブにフランクに探すものだと今では思うけど、そんな時代の僕にもネヴァーストアの音は鋭く突き刺さった。

f:id:idwcufds:20160814205915j:plain

 
間違いなくモダン、見た目もスタイリッシュかつポップパンクの肝を抑えたエネルギーは、確実に僕が求めていたもの
かなり漠然と求めていたものが、急にいきなり形になって僕の人生に入り込んできた。
それからもう10年近く経つけど、未だにフェイバリットなバンドの一つ。
そんなネヴァーストアに想いを馳せる。
 

1.Neverstoreとは

まずは一曲聴いてみてほしい。
このキラーチューンっぷり。
 


Neverstore - Stay Forever [OFFICIAL MUSIC VIDEO]

 

Stay Forever

Stay Forever

  • Neverstore
  • オルタナティブ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

 
攻撃的でアグレッシブなベースラインに駆け抜ける様にメロディックなギター、ギラギラしてるけど暑苦しくないフックの効いた爽快感
しかも3分足らずで終わる所がさらに好感を持たせる。
stayfoeverは個人的には一つの文句もない、至高のメロディックパンクナンバーだ。
今でもフェイヴァリットトラックの一つに名を連ねる。
 
この曲が入った1stが出たのが2007年。この流れで簡単に経歴を紹介する。
2000年の高校時代での結成からの下積みを経ていよいよデビューを果たしたneverstore。
その年のgoodcharlotteの北欧ツアーの前座に抜擢されて、全世界のポップパンクキッズ達の目にとまる存在となる。
彼等は北欧、スウェーデン・ストックホルム出身なのだ。
2008年にはsum41の日本公演の前座を務め、ファンを獲得する。
その勢いそのままに2nd,3rdアルバムを立て続けに発表し、充電期間を経て2013年に復活の4thアルバムを出した。
すなわちオリジナルアルバムは4枚。
その中でも後で抜粋して紹介するが、やはり1stは極上の名盤だと思う。
 
矢継ぎ早に彼等のキャリアを紹介したわけだが、デビュー直後くらいから母国スウェーデンでの人気は凄かった様だ。
デビューした2007年と翌年の2008年にベストスウェディッシュアーティストを受賞したり、さらにサッカー所としてしられるスウェーデンで、タイアップしたサッカー協会から特別表彰されるというフットボールサウンドトラックっぷり。
rock自体がもともとアツい地域なだけにその中でも人気を博し成功を収めている時点で、単なる一過性のバンドではない裏付けになっている。
彼等は、ポップパンクバンドとしての未来というか、成熟したシーンの中でこうあるべきだと、強烈な光を放ったバンドだった。
 

2.Neverstoreの音楽

1stアルバムの曲達+αの紹介とともに、彼らの音楽性にも想いを馳せたい。
多分本人達はグリーンデイオフスプリングも、それこそ前座を務めたグッシャーサムも聴いて育ったんだろうって音を鳴らす。
ボーカルなんてグリーンデイ直系のポップパンクシンガー。
所々の発音とか音を伸ばす時の揺らぎがビリーそっくり
胸をドキドキさせるような艶やかさを醸し出し、時に攻撃的に時に色っぽく歌い上げる。


Neverstore - Rejected All Along

 

 

Rejected All Along

Rejected All Along

  • Neverstore
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

 

Racer

Racer

  • Neverstore
  • オルタナティブ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

 

f:id:idwcufds:20160814212323j:plain

f:id:idwcufds:20160814212420j:plain

 
 
 
サウンドの方はというとポップでパンクなのだが、どこか陰も感じる。 
シンプルかつ緩急自在のエッジの効いたポップパンクメロディーと浸透性のある若々しいエネルギッシュなギターサウンドに、北欧らしさが所々で顔を出す。
陽性のパンクっぽいカラッとした音の中にも、どこか伸び切らずに、よりドープ内に中に渦巻く様な感覚が残るのを感じるのだ。
 


Neverstore - So Much Of Not Enough [OFFICIAL MUSIC VIDEO]

 

So Much of Not Enough

So Much of Not Enough

  • Neverstore
  • オルタナティブ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

 

北欧らしい反響する様な透明感と、ナチュラルボーン的な狂気も感じて、より深い高揚感が長く身体に残る。
瞬間的にリスナーを掴むpoppunk的パワーも、よくよく聞いていく内に、さらに体に染み込んで行くようなフィーリング何%か感じる。
結果、その要素の融合が間違いなくオルタナティブで、陽性の中の陰が深く蒼く影をつくり、煌めきの中に一味違う表情を見せる音を作る
 
配分と陰陽のバランスは違えど、どことなくweezerの影の落とし方にも似ている。
偉大な先輩に違わず、表情豊かな奥行きを感じるのは、自然発生的なものかもしれないけど、どこか受け継がれたものだと思いたいところもある。
それがneverstoreの音に感じた事。
 
いくつか上に載せたが最後に1stアルバムの曲目を貼る。太字が超おすすめ。
気になった曲を是非見つけてほしい。

 

Sevenhundred Sundays

Sevenhundred Sundays

  • Neverstore
  • オルタナティブ
  • ¥1600

1.Stop Waiting (Start Living)

2.All Star Loser

3.So Much Of Not Enough

4.Stay Forever

5.Nanana

6.Another Sentimental Argument

7.L.Y.D.

8.Racer

9.On Your Side

10.Golden Youth

11.Last Goodbye

12.Another Sentimental Argument [Acoustic]

13.Don't Stand So Close To Me

 

3.ポップパンクの宝石を探す

f:id:idwcufds:20160814234925j:plain

グリーンデイシュガーカルトを混ぜて北欧で寝かすとこういう音になるんだろう。ニルヴァーナとかも好きそうだ。

好きなバンドの話は合いそうな、親近感たっぷりの隣人的友達的ヒーロー像がポップパンクには欠かせない。
グリーンデイとかを引き合いに出したけど、これが音楽が受け継がれるって事なんじゃないかと思う。
自然と聞いてた好きなものの要素が出てしまっているのだ。
それを模倣というのは浅はかだし、その香りを楽しむのもファンの嗜み
それをモダンなモードでNeverstoreサウンドとして昇華・確立させた事が、シーン的にも僕的にも喝采モノの出来事で、それがシーンのトップランナーという事なのだ。
 
pop punk is not deadは今やリバイバルを繰り返すポップパンクシーンの合言葉みたいになっているが、こう自然発生的に綺羅星の如くこういうバンドが出てくるのが本当に望ましい形。
そんな宝石との出会いがあるから、今日も音楽を探すのだ。
 
【紹介しきれなかったNeverstoreのその他のアルバムもおすすめ!

 

Heroes Wanted

Heroes Wanted

  • Neverstore
  • ロック
  • ¥1600

 

 

Neverstore

Neverstore

  • Neverstore
  • ロック
  • ¥1600