Football soundtrack 1987-音楽とサッカーに想いを馳せる雑記‐

1987年生まれサッカー・音楽(ROCK)好きがサッカー・音楽・映画などについて思いを馳せる日記

【MV集2】MVのススメ-部屋で弾いてるMV15選-

MVのススメ第2弾。ちょっと変わったプレイMV集。

最近自分のフェチ・趣向に気づいた。

僕は部屋の中とか、ガレージの中とか、地下のライブハウスとかで、ただただ演奏をしているミュージックビデオが好きだ。

いつの間にか1時間位、次々と見ていたりする。

カッコいいのだ。

ドラマパートがあったりするが、そのバカらしさがまたチープで良くて、その後の演奏シーンが際立ってカッコよくなる

とにかく楽しそうに演奏している姿は、よりその曲を際立たせてくれるのだ。

今回はそんな曲をプレイするMV集。

是非時間を忘れて見入ってほしい。

 

1.Simpleplan ’Addicted’


Simple Plan - Addicted (Official Video)

リフからわかりやすいくらいポップなパンクで、誰もが楽しめるキャッチーなビートもったシンプルプランの初期の一曲からスタート。

テンプレ通りのスケートパンクファッションに、息の合ったジャンプ。

だんだん部屋が崩れていく。

時間を忘れて見ちゃう、なんてことないかっこ良さがそこにはあるのだ。

 

2.ELLEGARDEN ’Red Hot’


ELLEGARDEN - Red Hot [PV]

エルレガーデン最高のポップパンクソングから。

ガレージっぽい所で突風の中、演奏する。

ダッチワイフやら、ピザやら、雑誌やら、ヅラやらが飛んでく。

曲のスピーディーさを失わない、爽快感がこの映像にも溢れている。

 

3.Foo Fighters ’Monkey Wrench’


Foo Fighters - Monkey Wrench

現代最高の規模ともいえるロックバンドのフーファイターズのパンクチューン。

しょっぱなのデイヴのジャンプが死ぬほどカッコいい。

程よいギラつきの演奏と、男らしくスタイリッシュな映像の連続。

大サビ前のデイヴの連続シャウトもハイライト。

見せ場の多い男らしくてカッコいいMVだ。

 

4.Greenday ’Warning’


Green Day - Warning (Video)

前回も触れたグリーンデイのウォーニング。部屋で弾いてるのでもう一度。

やっぱりカッコいい。

www.footballsoundtrack.com

 

5.SUM41 ’Motivation’


Sum 41 - Motivation

復活のパンクバンド、サム41の初期のパンクソングから。

部屋でスタジオスタイルで向かい合って歌う。

ちょっとした小物の間を通してくるカメラワークがカッコいい。

飛んで回って動き回る、パンクなパフォーマンスが見てて飽きない。

 

6.New Found Glory ’Dressed To Kill’


New Found Glory - Dressed To Kill

ポップパンクを背負い走り続けるニューファウンドグローリーの初期の名曲から。

ライブでもヘヴィ―に鳴らすキラーチューンはMVもプレイシーンが中心。

ストーカーチックな謎のストーリーもちょっと気になるけど、エネルギッシュなパフォーマンスはこれでこそNFGと思わせる。

やっぱりこのバンドの見た目はベースが一番好き。

 

7.MXPX ’Responsibility’


MxPx - Responsibility

ストリートに根差したコアでファンなパンクを鳴らし続けるエムエックスピーエックスの一曲。

演奏シーンのカッコよさとドラマパートのバカさのギャップがパンク的にいい湯加減。

耳を掴んで離さないキャッチーなビートが、すんなりサウンドトラック的にも耳に入ってくるマッチした映像だ。

3人ていう画も、ものすごくおさまりがイイ。

 

8.NoFX ’Seeing Double At the Triple Rock’


NOFX - Seeing Double at The Triple Rock (Official Video)

パンク界のボス、ノーエフエックスのキラーソングから。

パンクの全てが詰まったギターリフから、ソリッドでアツい演奏。

ごった返すバーの中で、酒とタバコとパンク+シスターと神父と神様という更にごった返した設定。

めちゃくちゃになっていくバーの混乱でも、スリリングでメロディックなパンクサウンドがタフに鳴らされてて、曲の強さがわかる。

 

9.Hi-STANDARD ’New Life’


Hi-STANDARD - New Life [OFFICIAL MUSIC VIDEO]

ジャパニーズパンクのハイスタからも一曲。

ローファイでインディーな作りの映像が、陽性のパンクらしくてスゴク合う。

ケンがロンゲで、ツネがアフロだ。

この辺りに時代を感じるけど、音は全く色褪せない事も同時に気づく。

 

10.MONOEYES ’My Instant Song’


MONOEYES - My Instant Song(Music Video)

モノアイズが始動した最初の曲のMV。

楽しくファニーで陽光が射す様な明るい映像。

スタイリッシュに心が躍るような音楽とリンクする。

可愛い子供たちが、彼らの門出を祝う暖かく楽しくなるMVだ。

 

11.RUN-DMC ’Walk This Way’


RUN-DMC - Walk This Way

伝説のロックグループ・エアロスミスと伝説のヒップホップグループ・ランディーエムシ―の異色のコラボヒットソング。

壁を取っ払うというシンプルな構成と圧巻のライブシーン。

クールでホットな音楽の楽しさが詰まった音と映像。

スティーブン・タイラーのパフォーマンスは飛びぬけてカッコいい。

 

12.Arctic Monkeys ’ I Bet You Look Good On The Dancefloor’


Arctic Monkeys - I Bet You Look Good On The Dancefloor

UKロックの新時代の象徴として君臨し続けるアークティックモンキーズ衝撃のデビュー作。

劇場の地下感と、なんだこいつら?感からの恐るべきサウンド。

めちゃくちゃにカッコよくて、スケールの違いを感じる数分間。

地味に抑え目な映像と鮮烈な音のギャップの一点突破の作品だ。

 

13.Radiohead ’Just’


Radiohead - Just

レディオヘッドがロックに風穴を開けた作品から。

スモーキーな色がかかる映像に、歪にスタイリッシュでエモーショナルな演奏。

トムヨークの表情が、鬼気迫っていて圧迫される様。

曲のテンションとともに、それは異様なくらい拍車がかかっていく。

これぞレディオヘッドだ。

 

14.Weezer ’Say It Ain't So’


Weezer - Say It Ain't So

ウィーザーを初期から支えた稀代の名曲のMV。

ずっと部屋の中で演奏してる。

しっとりと激しく演奏するメンバーの表情と手元を淡々と映していく。

メンバーの距離の近さも素晴らしくいいフォーメーション。

僕は一番好きなPV。

 

15.Paramore 'Pressure'


Paramore: Pressure [OFFICIAL VIDEO]

ちょっとおまけでパラモアも。

ボーカルのヘイリーがとにかく美しい。

それをわかってかやたらとアップが多い。

男子は必見

 

たまにはMVだけを眺めるのも楽しい

以上いかがでしたでしょうか?

演奏シーンが中心のMVはそれだけで楽しいし、その躍動感が曲の良さを助長させてくれる。

たまにはぼっーと眺める、そんな時間もあると、よりその曲をすきになれそうなMVに出会って幸せな時間となる。

そんなMVの観方も楽しくていい。

それではまた別の記事で。