Football soundtrack 1987-音楽とサッカーに想いを馳せる雑記‐

1987年生まれサッカー・音楽(ROCK)好きがサッカー・音楽・映画などについて思いを馳せる日記

ロックアルバムの1曲目特集その①!至極のオープニングトラック25曲【洋楽ロック音楽コラム】

広告

ROCKアルバムのオープニングを飾る一曲目の名曲を集めてみたコラム!

日本と洋楽のアルバムの違いを知ってるか、と先輩からドヤ顔で受け継がれてた豆知識がある。

f:id:idwcufds:20181119222105p:plain

世界のROCKアルバムは1,2曲目にキラーチューンを持ってくるのだ。

必ず地元か学校の音楽に詳しい先輩がドヤ顔で教えてくれて、それをすぐ下の奴にひけらかす。

だからロックは洋楽は凄えんだ、と何も根拠も考えずに言いふらしていた。

ホントは色んな理由がある。

アルバムの出し方やシングルの出し方が日本とは違ったり、星の数ほどのアルバムがある中、実に合理的なトラックリストになっていったというわけだ。

確かにだ、余程知ってる曲が無けりゃトラック1から聞くだろう。

そのアルバムのオープナーに相応しい印象的な1曲目に過去沢山出会ってきたのだ。

そのままタイトルトラック、又はそれに準ずるキラーチューンだったり。

コンセプチャルな作品の場合、ストーリーテリングな一曲だったり。

まさしくそのアルバムのバンドの名刺がわりの一発

今回はそんなアルバムの強烈な一曲目、リフの1音目から世界感たっぷりのスーパーなオープナー達を集めてみました。

デジタルにどっからでも聞く事が出来て、CDショップでアルバムを買う事が無くなってきた昨今、今こそ想いを馳せたいオープニングトラックの重要性。

CDショップの店頭の試聴機を聞いてる心持ちで聞いて頂けると幸い。

それでは行きます。

 

その他の音楽ネタ記事はコチラ!

www.footballsoundtrack.com

www.footballsoundtrack.com

1.Cage The Elephant 'In One Ear' アルバム Cage The Elephant


Cage The Elephant - In One Ear

まずはヒップでオルタナティブな唯一無二のロックスタイルでモダンロックに風穴空けた屈指のケイジ・ザ・エレファントの1stアルバムのオープナーから。

ロックファンは期待をそそられる激烈な高揚感が必ず待ち構えてると思えるリフ。

限界まで引き付けられた後、スタイリッシュに弾けるエキセントリックなギターの応酬と、ヒップでファンキーかつガレージなボーカルのラッシュに心を奪われる。

唯一のロックスタイルの幕開けに相応しい起爆的な要素と、それがモダンでポップだというアイコニックさで、見事に彼らのベクトルを決定付けていた。

www.footballsoundtrack.com

2.Get Up Kids 'Coming Clean' アルバム Four Minute Mile


The Get Up Kids - Coming Clean

エモいって言葉がロックを知らない若者に定着した昨今、これがエモじゃと投げつけたいゲット・アップ・キッズの一曲。

洪水のようなギタメロディーの音塊に捉えきれない量の感情を込めてラフに叩きつけられる。

目まぐるしい程のパンキッシュなスピード感で炸裂するように鋭く刺さる。

心を掻き回されるほどの哀愁こそ、エモなのだ。

 

3.The Strokes 'Machu Picchu' アルバム Angles


Machu Picchu - The Strokes (OFFICIAL ALBUM VERSION)

天才バンドのネクストステージはいつも予測できない。
継続か破壊か、只ならぬ期待を寄せられつつ、華麗に予測を上回ってきたストロークスのオープナー。
マチュピチュというタイトル通り空中都市にいるような浮遊感と不可思議さ、そこに宇宙的な近未来感もミックスした次元の違うサウンド。
別世界のトリップ感をものの数秒で味あわせてくれるコンセプチャルな世界観。
それでいてざらつくギターのガレージ感とボーカルの揺らぎから感じるセクシーさ、ストロークスならではのエッセンスも感じる驚異的な一曲。
 

4.Hi-STANDARD 'Maximum Overdrive' アルバム Growing Up


Hi-STANDARD - Maximum Overdrive [OFFICIAL MUSIC VIDEO]

ハイスタのパンクアンセムも名盤グローイングアップの一曲目だった。

これぞパンクのオープナーというマキシマムな高揚感。

キッズがワクワクしながら買って、一曲目その最大の期待を軽々凌駕する爆発するようなパンクサウンド。

このやんちゃなギフト感はこの頃から卓越していて、だから僕らの世界で一番のロックバンドになったのだ。

www.footballsoundtrack.com

5.The Kooks 'See The Sun' アルバム Konk


The Kooks - See the Sun

シュッとしたバンドの多いモダンUKロックの中でも、特にシュッとしていて更に玄人もうならせるサウンドクオリティーを誇っていたザ・クークスの1曲。

まるでラストトラックの様なしっとりと聴かせる感触は見事に心を掴ませる魅惑的なもので、そのタイドな感触を残したまま燦めくように輝き出すメロディーも実に美しい。

卓越した技術からくる艶やかな音色とハスキーなボーカル、一際目を惹く、眩く暖かい輝き方をした彼ららしい優しい手触りの職人芸、穏やかに燦めくオープナー。

 

6.New Found Glory 'Understatement' アルバム Stick And Stones


New Found Glory - Understatement

ニュー・ファウンド・グローリーの大名盤にしてポップパンクシーンのド真ん中にあった最大のアルバムのオープナー。

ELLEGARDENのインターネットラジオ番組ライオットオンザレディオのオープナーにも途中まで使われていた良い想い出。

しがらみも余計な思いも全部すっ飛ばしてキッズ心にダイレクトに刺さるパワフルなパンクビート。

ラフな感触で投げつけられる様なパワーとクリアでハイトーンなボーカル&グッドメロディーの浸透性で、目が覚めたような開放感に包まれる屈指のオープナー。

www.footballsoundtrack.com

7.The All-American Rejects 'My Paper Heart' アルバム The All-American Rejects


The All-American Rejects - My Paper Heart

ポップパンク旋風の中、オシャレにエモいスタイリッシュなバンドの走りだったオール・アメリカン・リジェクツのセルフタイトルアルバムの一曲目。
しかもこれでデビューという中々の重要度の一曲。
どんな奴らだ?を閉じ込めた軽快なワンダーサウンドを爽やかに披露。
ドリーミーなサウンドエフェクトと爽快なアコースティックメロディーの相性は抜群で、スタイリッシュに刻まれるビートと少しこじれたボーカルのセクシーさもあって弾けるようなクールな魅力になっている。
 

8.Sugarcult 'You're The One' アルバム Start Static


Sugarcult - You're The One

世界で一番エロくスモーキーなポップパンクバンド、シュガーカルトの1stの一曲目。

アンプにコードを繋いだような音から先行するドラムのパワフルでキャッチーなビート。

程よく歪んだメロディアスなギターがメランコリック気味に滑空して、ティムのエロい声を聞いた僕は10秒とたたずにこのバンドと一生を添い遂げようと決めた。

ロックンロール的なスピード感にメランコリーな質感もシャウトもあり、ショートトラックながら見せ場も一杯。

www.footballsoundtrack.com

9.Good Charlotte 'Little Things' アルバム Good Charlotte


Good Charlotte - Little Things (PCM Stereo)

精力的な活動を再開したポップパンクバンド、グッド・シャーロット

ディスイズグッドシャーロットのMCで始まるデビューアルバムのオープナー

ポップでパンクなグルーヴに乗せるラップは陽気でちょっとワルそうで若いエナジーに満ち溢れていた。

ベンジー兄弟の掛け合いが不敵でカッコイイ、強烈なアイコニックさを持つバンドとしての名刺代わりとして存分に機能した一曲だ。

 

10.Sum41 'Underclass Hero' アルバム Underclass Hero


Sum 41 - Underclass Hero

いつまでもソリッドで危ない雰囲気を持ったポップパンクバンド、サム41の重要な一曲。
実は自らの楽曲Subject To Changeの焼き直しの曲であり、メタリックな原曲からポップパンクリメイクを施した。
ギターのデイブの脱退(現在は復帰)と共に、ポップパンクムードを引き戻すキャリアでも重要なナンバーだ。
もっと尖ったままでいてほしい、という声も決して100%裏切ってはいない重厚さも持った濃厚なメロディアスさは、単純な原点回帰を超える姿だった。

www.footballsoundtrack.com

後半は15曲!

www.footballsoundtrack.com