Football soundtrack 1987-音楽とサッカーに想いを馳せる雑記‐

1987年生まれサッカー・音楽(ROCK)好きがサッカー・音楽・映画などについて思いを馳せる日記

【サッカー日本代表】今後10年の代表を変える7人の逸材

広告

新しい栄光を探す旅

f:id:idwcufds:20180703055810p:plain

ロシアW杯で日本代表は史上最悪の下馬評を覆し、ベスト16入りを果たしベスト8にまで手をかけかけて、確かな熱狂を巻き起こしサッカー熱を一時的に最大限に沸騰させてみせた。

経験と柔軟性を最大の武器に戦ったおっさんJAPANの主力は以前10年前から見ても代表に名を連ね支えてきた選手ばかり。

未曾有の熱狂とともに、一つのサイクルは確実に終わった。

むしろ終わったと思われていたサイクルにフィナーレが用意されていて、そのドラマ性が今回の感動を呼んだという見方もある。

結局は4年前・8年前から地続きのドラマとして今回のW杯は成されたわけだが、確実にサイクルを終わらせる時間が経ったのは明白であり、どこか現実離れしていた理想論の様に語られていた次の逸材達に真剣に目を当てるべき時がきた。

今回、ロシアW杯を彩った彼らの様に、今後10年間日本サッカーを支える存在達を今まとめておきたいと思った。

実際に試合の映像を見た選手に限ったので7人をピックアップしました。

是非ご覧いただけると幸い。

 

 

1.久保 建英   2001年生まれ

f:id:idwcufds:20180724233828p:plain

最早、全サッカーファンの期待を背負うニュージェネレーションの象徴的存在になった超逸材。

バルサ育ちという過去にあり得なかった期待感は玄人になればなるほど実感しつつある。

アタッキングサードのポジションであれば全て高い水準でこなせる攻撃戦術・スキルは秀逸で、ボールを受けるまでも受けた後も世界基準のアタッカーとしてプレーでき代表に定着すればそこから代表の攻撃戦術は彼が中心になる。

それでも反面教師的にメッシにしてはいけないという想いは持ち続ける必要はありそう。

メッシもそうだと思うが、決して屈強な身体を持っていないからこそ彼の真髄はコンビネーションにこそある。

中心でこそあれど、常にボールを持たせるのではなく自由にクオリティーを発揮できるタイミングで彼を中心に据える事が命題になってくる。

それほどまでの超逸材だ。

 


久保君が最高に天才なのがよくわかる動画。|久保建英スーパープレー集 Takefusa KUBO - Japanese wonder Kid

 

2.中井 卓大 2003年生まれ

f:id:idwcufds:20180724235309p:plain

久保くんに遅れること2年でヨーロッパに渡ったもう1人の超逸材。

レアル育ちのピピこと中井くんはまだ15歳なだけにドリーム感の方が強く久保以上の期待をかけられつつある。

レアルが来日した日本の凱旋試合ではブスケッツの様な展開型のアンカーのポジションで高いスキルを活かしボールをさばいていた。

ドリブルやテクニックのスキルに注目が集まっているが、上背も有りアタッカーというかはオーガナイザーとしてピッチの真ん中でプレーするタイプかもしれない。

絶大なるスケールを持ち、世界最高の戦術メソッドを最高のポジションで学んでいる現在の状況は彼が今後サッカー界を選べば日本サッカーにとって大きな財産になる。

才能でしか持ち得ない優雅もあって、レドンドの様なボランチになってほしいと個人的には思うのだ。


中井卓大 Takuhiro Nakai ★ 2018 ● ゴール & アシスト ● レアル·マドリード U15

 

3.堂安 律 1998年生まれ

f:id:idwcufds:20180725000309p:plain

ロッベンの同じ頃よりもオランダで点を獲ったナチュラルなビックスケール枠、それでも代表に浪漫ある左利きのアタッカーは必要だ。

一足早く海外修行を志願しオランダでボコボコにされながらビルドアップされたプレーは、よりキレの増したビッグマウスに説得力が生まれるくらいのスケールを伴う。

もう何回かボコボコになっても良いかもしれないくらいお調子者の勢いも感じるけど、それ以上に強い何かを感じる主人公型選手は、同じ時代にそう何人といないはずだ。

小柄ながら爆発力も推進力も備えたアタッカーは、キャラクターとしても日本代表には欠かせない逸材の一人。


新世代 堂安律 超プレー集 17-18【全世界が期待する男】

 

4.伊藤 達哉 1997年生まれ

f:id:idwcufds:20180725001015p:plain

レイソルユースを経てドイツに17歳で渡った超快速ドリブラー。

所属のハンブルガーSVは今年残念ながら二部降格してしまったが、終盤の追い上げ時には伊藤のドリブルはチームにとってて活路だった。
もう既にそれだけなら世界基準の1v1スキル、警戒されている中でも必殺の居合は明らかに才能。

163cmという小柄さ、軽いプレーは若さ故だが、2021年までドイツの契約を残し来季も二部で戦うことを決め、チームの主力として欠点を改善し長所を伸ばさないといけない環境にあるのは強烈に魅力的だ。
怪我だけはしないでくれと誰もが願う。復活こそ果たしているが宮市もそうだったのだ。


伊藤達哉 ★ ハンブルガーSV ● ゴール & アシスト ● Tatsuya Ito Skills 2018

 

5.鎌田 大地 1996年生まれ

f:id:idwcufds:20180725001840p:plain

鳥栖から世界へ羽ばたいた世代でも異質の司令塔。

視野の広さとかボールテクニックもさることながら明らかに見ているところが一癖も二癖もある相手も気付かない綻びをつける稀有なパサーであり、独特なセンスは異能的で唯一の物がある。

まだ欧州基準一年目、一年目はほろ苦がったがまだまだ十分に時間はある。

本人の強い意志もありまだ欧州に残りそうだが、ぜひとも武者修行を続けてほしい。

スケール感もそうだが、何よりその黄金のセンスがまだ爆発を待っている様な不気味さすらあるのだ。


鎌田大地プレー集 Daichi KamadaーSagan Tosu NO.24

 

6.井手口 陽介 1996年生まれ

f:id:idwcufds:20180725004156p:plain

ロシア行きはならかったシンデレラボーイは少年マンガの主人公の地位を捨て、ただ実直に厳しい環境に身を置いた。

バケモノフィジカルをバケモノ達の中で磨く苦行の道は、未だ華が咲く気配は無いが確実に彼の身に何かを残しているはずだ。

もともと感覚型の選手らしく、直感で世界との差を感じ取った勘の鋭さは鋭く、真っ先に欧州移籍を決めW杯を’一回飛ばした’スケールのデカイ決断は、何か吉と出そうなオーラが満々だ。

ダイナミックさ・獰猛さはピカイチだが、それにインテリジェンスが加わればダーヴィッツの様な完全無欠のダイナモになる可能性がある。

この選手も他に類を見ない逸材だ。

 


井手口陽介タッチ集 オーストラリア戦 Yosuke IDEGUCHI 31/08/2017

 

7.小川 航基 1997年生まれ

f:id:idwcufds:20180725012029p:plain

城や高原や柳沢、さらには大迫など高校サッカー出身、逸材型の超大型ストライカーの系譜はきっと彼に継がれたはずだ。

端正でワイルドな風貌の通り貪欲にゴールを狙う天才型ボックスから、代表での闘いや大怪我の経験、更には日本最高レベルの天才指導者名波の指導を日夜ジュビロで受け、総合的にチームに好影響をもたらせる圧倒的なスケールを身に着けつつある。

昨今のW杯ではワントップでしっかりと起点になるFWを置いたチームが好成績を上げた。小川の才能は世界のトレンドにもマッチしている。

日本サッカーの未来を望む人にはショッキングなシーンだった大怪我も乗り越えチームにも復帰してきた。

国内でアンストッパブルなFWに上り詰められる才能は既にある。まずはそこに期待してみていたいのだ。

 


U20日本代表 W杯グループリーグ・小川航基選手の先制ゴール 対南アフリカ

 

この10年 新しい物語に想いを馳せる

以上、ご覧いただきありがとうございました。

夢の様なW杯が終わり、10年間代表を支えてきた選手は夢の可能性を広げてくれた。

ここから新たなサイクルになるが、数々の輝けなかった逸材の事も知っている。

夢物語で若手を語って居ればいい期間は終わったのだ。

彼らを日本の代表にする意思がサッカーファミリー全体として、必要な時期にきていると思うのだ。

 

それではまた別の記事で。