Football soundtrack 1987-音楽とサッカーに想いを馳せる雑記‐

1987年生まれサッカー・音楽(ROCK)好きがサッカー・音楽・映画などについて思いを馳せる日記

ロックスター達の成人式 ロックと年齢とは

ロックと年齢について

f:id:idwcufds:20170110132804p:plain

成人の日を今年も終えた日本。
年の最初のイベントとして君臨し、毎年メディアを騒がせる。
騒ぐ方も騒がれた方もそれを追っかけるメディアの人も寒い中本当にお疲れ様でした。
いつの間にか10年前になろうとする成人式に、20歳という年齢と音楽の関係に思いを馳せてみた。
 
ロックにとって年齢とは何なのだろう
好きなバンドのメンバーの年齢なんてあまり気にして見ていない、でも大概かなり上でびっくりするもの。
ロックそのものの若いエナジーにそうなるのかもしれないし、そもそもあらゆる贔屓目で見ているのかもしれない。
 

f:id:idwcufds:20170110133432p:plain

 
そもそも衝撃的であり反骨精神をエネルギーとして産まれたロック自体、若者達の為の音楽という側面もあった。
もちろんその為にはその衝撃がより身近なメッセージである方が伝わりやすい。
リアルな重みもあるし、同じ高さの目線からストレートな衝動が伝わる事が大きな共感を呼ぶ事は言うまでもない。
ロックにおいて、若さがアドバンテージになるのはそう言った部分かもしれない。
もちろん音楽的に鍛錬を積み、人と場所と時間とも出会う経験を積んだ深みが伝わるのもロックの素晴らしいところだと思う。
ただその若き初期衝動に、かけがえのない何かが宿っているのもロック界の通説なのであり、経験上揺るぎない事実でもある。
 
数々のロックスターの20歳はどうだったのだろうか。
成人式ということでロックスター達の20歳を調べてみた。
 

ロックスター達の成人式

f:id:idwcufds:20170110133704j:plain

ロック界の殿堂に名を連ねるビッグネーム達の20歳。
やはりほとんどがロックの道に足を踏み入れ、これを生業にしたという時期と重なっている。
 
あのビートルズがラブミードゥでデビューを果たした時、ポール・マッカートニーは20歳。今年は74歳になる。2017年来日公演もまってます。
そのライバルであり、2016年末おそろしいクオリティのブルースアルバムをリリースしたローリングストーンズミックとキースもファーストシングルは20歳の時だった。
昨年ブラックスター発表後の死で、大きな反響を呼んだディヴィット・ボウイも20歳で1stアルバムをリリースしている。
レッチリのボーカル・アンソニーも20歳の時がデビューアルバムだった。
 


The Beatles - Love me Do

 

後の偉大なバンド達が運命によって結成されるのも、20歳が分かれ目だ。

 

ジミー・ペイジの呼びかけで、ロバートプランドレッドツェッペリンに加入したのも彼が20歳の時。天才が天才を呼んで最強を作った瞬間だ。
セックス・ピストルズにオーディションを経てジョニーロットンが加入しオリジナルメンバーが揃った、その時のジョニーも20歳。ちなみに翌年に加入するシドヴィシャスも20歳だった。
リアムが20歳の時、別のバンドで音楽業界に顔の広い兄ノエルをバンドに誘い、オアシスが結成された。
それぞれがそれぞれ、大きな決断を下し期するものを胸に野心に満ち溢れていた。
 

f:id:idwcufds:20170110134436j:plain


Sex Pistols - God Save The Queen 

一方で、下積み時代と言っていいのかわからないが、まだ何者でもない時、大きなインスピレーションを得る助走をつけていた後のスター達もいた。
 
f:id:idwcufds:20170110134912j:plain
 
 
前述のオアシスのノエルも20歳の頃はバイトを首になりギターばっかり弾いていたそうだ。
オフスプリングのフロントマン、デクスター・ホーランドは秀才であり、ハイスクールを首席で卒業する異質のパンクロッカー。バンド続けながら大学へ進学し、パンクシーンの旗手として、そこから大きくバンドへと舵を切っていく時期だ。
グリーンデイは20歳にしてインディーで2枚のアルバムをリリースしていた。3枚目はつまりドゥーキーなのだが、メジャー前夜という自分が何者で何処まで行くのかという期待と挑戦心に満ちている時期であった。
オルタナの王子ベックもアートスクールに通い、そのインスピレーションを深め、レディオヘッドのトムヨークも前身バンドを休止し大学へと進学していた。
そこでの感性や、またはあらゆる疑問が後の活動の核になる。
ウィーザーのリバースはロックスターを夢見てロサンゼルスに出てきて、なんとか音楽を続けてるまさに下積みの時期だった。
ウィーザー結成前年、不安に押しつぶされそうになるヘンテコな青年リバース、ルーツはここにも見え隠れする。
ガレージロックリバイバルの旗手となったリバティーンズのピートとバラーはシングルのマットレスで二人で寝ながら生活しロックに想いを馳せて、ストロークスも冷静な野心を持ったジュリアンの元にメンバーが集い始める時期だった。
 

f:id:idwcufds:20170110135007j:plain 

Green Day - Welcome To Paradise - 8/14/1994 - Woodstock 94 (Official)

こうして並べてみると、デビューする・売れるは別にして、既に音楽の道を歩み出しているスターたちがほとんどだ。

経済的に報われなかろうが、自分をこの世界にいざなったキッカケを捨てずに、実現へと向かう重要な局面。

正直、自分の好きなスター達を簡単に調べてみただけなのだが、恐ろしいほど全員の20歳が重要な場面だった。まだまだ調べてみれば出てくるはず。ロックにおいてはかなり興味深い年齢だったのだ。

ロックと年齢

f:id:idwcufds:20170110140046j:plain

ビリージョーが言っていた。

若者達は自分達のシーンを作りあげろ、年寄パンクスは口を出すな。

その自分達の’シーン’というのが重要なんだろう。

スケールどうこうではなく、確かな熱狂がある時と空間

それがロックの持つ引力で、数々の人々を惹きつける要因なのだ。

そんなことを想った。

 

ロックってのはエアーズロックよりもデカくて壮大な岩だ。
近くよりも遠くからみた最初のインパクトが最も鮮烈で衝撃的。
それでも近づけば近づいた程、改めて大きさがわかるけど、一目見た時の感情の爆発力ったらない。
聴く方も演る方もそう。その熱狂はかけがえのないものだ。
 
成人式から早10年。新成人の方おめでとう。
少しでも多くの人がロックを聴いてくれ。