Football soundtrack 1987-音楽とサッカーに想いを馳せる雑記‐

1987年生まれサッカー・音楽(ROCK)好きがサッカー・音楽・映画などについて思いを馳せる日記

【Cover song 20選 Alternative Rock 】カバーソング 個人選集20選 前篇【ハイスタ・KEN・Weezer・Nada surf・Van Halen】

いつもご覧いただいている皆様ありがとうございます。

yellowScaleです。

f:id:idwcufds:20170119231751j:plain

このブログのテーマになる企画、音楽とサッカーの橋渡しfootballsoundtrackの番外編です!
 
今回はROCKのカバーソングを集めてみました。
原作へのリスペクトを感じつつも、全く新しい自分のエッセンスを送り込む、まさにオルタナティブな曲達。
心に刻まれている曲の新しい姿は耳に残る良きサウンドトラックになります。
古きと新しきが交わるカバーソング達を自分のipodから集めてみましたので、今回は番外編ですが、是非お楽しみください!!
 
前回までのサウンドトラックはコチラ!

1.New Found Glory 'Kiss Me'


New Found Glory - "Kiss Me" Drive Thru Records

Sixpence None the Richerのポップロックカバー。
ハイトーンでクリアだから美しさを保ったまま速さをプラス出来るNFGの強み。
原作のメロディーの良さを最大限発揮できるのもグッドメロディーメーカーNFGならでは。
肩肘張ってないリスペクトが聴き心地がいいキャッチーな一曲。
 
原曲はコチラ。名曲。
 

2.Hi-STANDARD 'Can't Help Falling In Love' 

CAN'T HELP FALLING IN LOVE

CAN'T HELP FALLING IN LOVE

  • HI-STANDARD
  • オルタナティブ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes
Elvis  Presleyのカバー。ハイスタのクラシックロックカバーシリーズ。
壮大なロックカバーソング。
降り注ぐような歌声の原曲とは全く違う陽性のパワーが漲る。
パワフルなのにこみ上げてくる涙を止められないのがやはりハイスタらしさ。
時代を超えて響かせた名カバーだ。
 
原曲はコチラ。唯一無二の声。

 

3.難波章浩 -AKIHIRO NAMBA- 'TAKE ME HOME, COUNTRY ROADS'

TAKE ME HOME, COUNTRY ROADS

TAKE ME HOME, COUNTRY ROADS

  • 難波章浩-AKIHIRO NAMBA-
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 John Denverのカバー。クラシックロックシリーズその2。

数々のカントリーロードの中で一番好き。
南国っぽいアレンジの快活で明朗な難波の歌声。
バカバカしいくらいの明るさの後に、ほろりとくるカッコよさが滲む。
 
原曲はコチラ。渋く優しい。
 

4.Ken Yokoyama 'Daydream Believer'

Daydream Believer

Daydream Believer

  • Ken Yokoyama
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 The Monkeesのカバー。クラシックロックシリーズその3。

クラシックロックシリーズの中でも随一に好き。
滑り落ちるようなチャキチャキのギターに夢見心地感と爽快感が同時にあって、
速すぎず崩しすぎない曲の良さをちりばめた作りにリスペクトも感じるのだ。
ささくれた中にも甘さも感じさせるケンの声が優しい。
 
原曲はコチラ。甘い。
 

5.Fall Out Boy 'Beat It'


Fall Out Boy - Beat It (MTV Version) ft. John Mayer

Michael Jacksonのカバー。ギターは現代3大ギタリスト・ジョンメイヤーを招聘してる。

ボーカルの跳ね具合が、マイケルのドラマチックさに合う。

原曲の存在感そのままの真っ直ぐのロックカバー。PVは原曲の一億倍ダサい。

 

原曲はコチラ。やっぱこのPVはかっこいい。


Michael Jackson - Beat It (Official Video)

 

6.Quietdrive 'Time After Time'

Time After Time

Time After Time

  • Quietdrive
  • オルタナティブ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

Cyndi Lauperのカバー。

セクシーメロディックエモパンクバンド、クワイエットドライブが1stでカバーしてヒットのきっかけにもなった。

摩天楼の中にいる様な都会的な幻想感。
エモーショナルなサウンドのキレを残しつつソフトな感触のポップなカバーだ。
 
原曲はコチラ。すごくナチュラルな歌声。
 

7.Van Halen 'You Really Got Me'


Van Halen - You Really Got Me [HD]

The Kinks のカバー。

時代を引っ張ったハードロックバンドが現代に蘇らせたハードな名曲。

やはりギターの期待感、ソロのライトハンド奏法は観てほしい。

油を注ぐ様なアレンジで、野太くハードにうねるサウンドがアツい。
これがデビュー曲というのも乙だ。
 
原曲はコチラ。いい歪み具合。
 

8.Weezer 'Worry Rock'

Worry Rock

Worry Rock

  • ウィーザー
  • ポップ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

Green Dayのカバー。

WeezerがGreen Dayをカバーするという90年代界隈なら誰もが胸熱な展開。

原作でも淡々と進む中に哀愁はあるけどリバースにかかればこれ以上ない泣けるパワーポップソングに。
アコースティックを前面に出して、キラキラしたドリーミーなサウンドメイキングも控えめでリバースらしいアレンジ。
暖かく優しいけど儚く響くリバースの声は、ふいに琴線を締め上げてくる。
 
原曲はコチラ。この時期のグリーンデイは大好き。
Worry Rock

Worry Rock

  • Green Day
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

9.Nada Surf 'Sora Mo Toberu Hazu'

Sora Mo Toberu Hazu

Sora Mo Toberu Hazu

  • Nada Surf
  • ロック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

スピッツのカバー。

オルタナポップバンドによる、まさかのスピッツのカバー。

ナチュラルさに聴き惚れてると、空も飛べるはず、に思わず微笑む。
繊細だけど自然体な声が、アートさを際立たせる。
風通しのいいバラードだ。
 
原曲はコチラ。これは50年後も日本で聴かれていると思う。
 

10.Zebrahead 'READY STEADY GO'

Ready Steady Go

Ready Steady Go

  • Zebrahead
  • ロック
  • provided courtesy of iTunes

L'Arc~en~Cielのカバー。

ラルクのミクスチャーパンクカバー。
ゼブラヘッドらしい底抜けの明るさがにじみ出る。
スカっぽいギターを高速のベースラインで加速させるファストなサウンド。
原作よりも笑顔になれるファンソングだ。アリの声はやっぱりかっこいい。
 
原曲はコチラ。かっこいい。
READY STEADY GO

READY STEADY GO

  • L'Arc~en~Ciel
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

【後篇はコチラ】