Football soundtrack 1987-音楽とサッカーに想いを馳せる雑記‐

1987年生まれサッカー・音楽(ROCK)好きがサッカー・音楽・映画などについて思いを馳せる日記

【忘れたくない選手】ルイス・フィーゴに想いを馳せて−嫉妬の炎を受け止めた世界最高の裏切り者−

広告

禁断の移籍を果たした銀河系の10番、ルイス・フィーゴに想いを馳せるプレーヤーレビュー。

また夏が終わる。
世界のフットボールは、少しずつ新しいシーズンが始まりつつある。
いつの間にか始まっている感が毎年増しているのは慣れなんだろうな。
 

f:id:idwcufds:20170829132156j:plain

 
今年もオフシーズンを賑わせたのは移籍市場。
行く者来る者その噂、そして実際に行った者来た者は、ファンに哀しみと夢をもたらせた。
その中でも最も今年ビッグニュースとして駆け巡ったのが、バルセロナからパリ・サンジェルマンへ移籍を果たしたネイマールである。
世界最高のパートナー達に別れを告げ、現在のフットボール界で最も価値のある男は、巨額な資金で欧州制覇を狙う野心に溢れたチームの王様として迎えられた。
その金額は200億だとか、とんでもない事を言っている。
各メディアははてなのお題のように200億で、ネイマール1人の値段で何が買えるか何が成せるかを発表しあっていた。
 
この夏のフットボール界のニュースでは最も大きい衝撃だったろう。
だが、移籍に関してだけで言えばもっとすごいストーリーを僕たちは知っている。
もっと海の向こうが遠かった時代、ピンと来てなかった僕に海外サッカーの本気のアツさを感じさせたカンプノウでのコーナーキックのシーン。
 

f:id:idwcufds:20170829132439j:plain

 
ネイマールがなんだ。レアルに行くよりはましだ。
そんなバルサのソシオ名誉会員のスペインのおじちゃんが言いそうなセリフを思い浮かべて、また1人忘れたくない選手に今日は触れようと思った。
ルイス・フィーゴの移籍がなぜあれほどの事件になったか。
レアル・バルサ云々の前に、それは彼が当時最も止められないプレーヤーだったからに他ならない。
今日はそんなフィーゴに想いを馳せる。
 
 

ポルトガルの宝は、禁断を冒し銀河系の10番に

1972年のポルトガル生まれのフィーゴは、幼少期医者を志す程の秀才だったらしい。
それでも国中で盛んなフットボールと出会った彼は11歳で名門スポルティングCFと契約。
17歳でデビューすると20歳の頃にはリーグMVPを獲得するポルトガルを背負って立つプレーヤーとなる。
この頃に出場したU-21欧州選手権で優勝を果たしルイ・コスタらとともにポルトガルの黄金世代の顔として欧州そして世界へ名前を轟かす。
欧州のビッククラブも彼を見つけ、稀代の才能を手にしようと彼の元へとオファーが殺到する事になる。
 

f:id:idwcufds:20170829132901j:plain

 

1995年、セリエAへの移籍が決まりかけたフィーゴだったが契約問題のゴタゴタにより消滅。
その隙をバルセロナが逃さず、フィーゴはバルセロナの一員となる。
ドリームチーム直後のシーズン、世代交代を進めるバルセロナの移籍戦略でフィーゴ獲得はまず間違いなく最大の功績だった。
ロナウドやデラペーニャ、コクーにリバウド、クライファートなど数々の名手と抜群の相性を見せ続け、右のウィングのポジションを守り続け、ドリームチーム以後のバルサの象徴的存在となった。
CLこそ逃したものの、在籍中のリーガ、カップ戦で抜群の成績を残し、2000年には欧州選手権での活躍もあり欧州最優秀選手賞を獲得し歴史にも名を残すレベルの選手の仲間入りを果たした。
そして彼が禁断の移籍を決断したのも、まさにその絶頂期だったのだ。
 

f:id:idwcufds:20170829132951j:plain

 

レアルとバルサというフットボール界で最も情熱的なライバル関係は、時に大きな事件にまでなる。
そのアツさ故、そのクラブ間での移籍はクラブやファンに対する最悪の裏切り行為とされるのだ。
過去にシュスターやラウルドロップ、エンリケなどの選手がレアルとバルサ間で移籍しているが、フィーゴの場合は過去に類をみない裏切り劇という騒動となった。
噂程度の確執はあれど移籍を決断させるものでもないし、脂の乗ったキャリア最盛期、中心で不動の選手として戦術的にも大きな役割を果たしていたフィーゴに不満はない様に思えた。
本人の口からも決定的な理由は今も明かされていないし、「バルセロナにとって僕は悪者でいい」と卑下しそれ以上の議論を避けている。
それでも後に「移籍を後悔はしていない」と胸を張れるのは、レアルで築いた銀河系がかけがえなく輝く煌めきをもっていたからに他ならない。
 

f:id:idwcufds:20170829133859j:plain

 
ラウルやロベカル、ジダンにロナウドと共に銀河系軍団を築き、その中でも10番を背負った。
バランスを失い長続きはしなかった銀河系だったが、短期間の間にリーガそしてCLも制覇し、史上にも残る圧倒的な輝きを残した。
ゲーム画面でも見ているかのようなパスワーク、ボールを持ったかと思えば極上の個人技、平然と行われる超技術の粋を極めた様なゴールの数々。
フィーゴの世界一のクロスからロナウド、ラウルの世界一のゴールというシーンを何度も何度も見た。
事実フィーゴは近年メッシに抜かれたものの、リーガでの最多アシスト記録を保持していた。
更にはゴール数もレアル時代の方が多い事を考えれば、よりピッチの広範囲に影響を及ぼした高次元の活躍を見せたと言える。
それは移籍の成功を意味しているだろう。
 

f:id:idwcufds:20170829134203j:plain

 
EURO2004での失意の準優勝もあり、銀河系の解体、凋落と共にフィーゴはインテルへと移籍する。
キャリアの終わりも見えていたが熟練されたプレーはまだまだ一級品で4連覇も経験。
監督とのイザコザもあり終の住処を変える事も考えたが、新監督となった同胞モウリーニョには若手の手本になって欲しいと依頼を受け、穏やかで価値のある晩節を過ごし2009年に引退を決意した。
 

世界が注目したプレースタイル

f:id:idwcufds:20170829135640j:plain

 

冒頭にも触れたコーナーキックのシーン。
レアル加入後、初めてのバルセロナのホーム、カンプノウでのクラシコ。
左サイドからのコーナーキックをフィーゴが蹴る。
最も観客に近い位置でボールをセットした瞬間、興奮した何百人単位という観客がフィーゴの元へ詰め寄る。
ありとあらゆる罵詈雑言が浴びせられ、フィーゴのグッズや豚の頭が投げ入れられた。
何十人という警官隊がバリケードを作り、何分も試合が中断した。
まだ整っていない銀河系で、意外とキッカーがいないのもあったが、フィーゴはコーナーフラッグから離れる事はなかった。
責任を果たすかの様に、ただただ暴徒を見つめながら、哀しみも混じっているがそれでも凛とした姿は、絵画の様に美しくも感じた瞬間だった。
パニック状態に陥ったカンプノウには様々な感情が入り混じっていた。
怒り、哀しみはもちろん、ただ騒ぎたいだけのフーリガン的な発想もある。
でもフィーゴのプレーを見ていると、そのプレーヤーを自チームが手放してしまったという嫉妬の想いが最も色濃いように思ったのだ。
 
 


ルイス・フィーゴ スーパープレイ集 HD

 

敵陣奥深くサイドを主戦場とするウィング全盛の時代に置いて、世界最高のウィンガーでありつ続けたフィーゴ。
低めの姿勢から上下しながらリズムを取り、対峙するDFのタイミングを外す。
同じ事をしているのに何故か止められない類の物理的ではない魔法的なドリブルは彼の大きな武器の一つだった。
スピードってよりはテクニカルにキレよくいつの間にか重心の逆を付く。それでスルスルと危険なエリアまで入っていくのだ。
シザースも独特な使い方で、スピードに乗るという技ではなく、タイミングを外し眩惑するような彼ならではのものだった。
クラシカルで機能的で若くして熟練の技を持っていたし、それはキャリアを重ねるにつれてさらに奥が深くなっていった。
ドリブラーとしてだけでも歴代のランキングに入ってくるレベルのドリブルを持っているが、フィーゴの技はそれだけに止まらない。
 
 
 
ドリブルに隠れがちな抜群のキックセンスこそフィーゴの真骨頂だ。
だからドリブルも止められないという相関関係にもなる。
空間を繋げるようなピンポイントのクロスは支配的で、ほんの僅かなスペースでも合わせられる正確さがあったし、インサイド気味に滑らかにカーブを描く軌道は対応するDFが予測できないものだった。
そのクロスがあるからこそキックフェイントが鮮やかに決まるし、距離を開けてしまえば正確無比のクロスの餌食になる。
 
そのキックがうまいってことはシュートもうまいってことだ。
縦ばかり警戒しているとあっさりと中にカットインされ、左足で弧を描くシュートでファーサイドを揺らす。
或いはどちらも警戒しすぎてエリアの45度の位置にDFが立っていると、それをブラインドにキーパーのニアサイドをインステップでぶち抜いてくる。
どれもとんでもない技術なのだが、それを平然と選択できるセンスがフィーゴにはあった。
 
数々の選択肢を持ち、そのパターン一つ一つの技術レベルが高すぎて全く対応できない。
創造性に満ちたファンタジスタ的ウィングプレーヤー。
それが世界が焦がれたルイス・フィーゴという選手だった。
 

世界を魅惑した裏切り者

f:id:idwcufds:20170829181725j:plain

禁断の移籍というイメージで今回フィーゴを思い出したが、思い起こしていけば彼のプレーが鮮明に目に浮かぶ。

僕がどっちかって言ったらレアルの方が好きだからそう思うのかもしれないが、その事件を上回るプレーのインパクトがあった。

この移籍は良かったように思うし、一生忘れることはないだろうとも思う。

すごい移籍なんだとは思っていた、そしてその後のコーナーキックの光景で衝撃的に意味を理解し、更にその選手が見れば見るほどめちゃくちゃ巧い。

そういうストーリーの元、忘れることのできないフットボール界の夏の出来事は鮮烈に脳裏に焼き付いている。

 

【Football soundtrack theme Luís Filipe Madeira Caeiro Figo

the Offspring ’Nothingtown’

Nothingtown

Nothingtown

  • The Offspring
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes