Football soundtrack 1987-音楽とサッカーに想いを馳せる雑記‐

1987年生まれサッカー・音楽(ROCK)好きがサッカー・音楽・映画などについて思いを馳せる日記

あのバンドの秀逸なサイドプロジェクト13選【サイドバンド・ソロ・プロジェクト・スーパーグループ】

広告

本来のバンドから離れた秀逸なサイドプロジェクト、そこでしか見られない違った影を楽しみたい

f:id:idwcufds:20180425114755j:plain

自分なりのスタイルルールこだわりでも何でもいいが、周りの人からお前はこーゆー奴だと固定的に思われる軸みたいなモノがある人は多い。

なかなかそう周りから求められているモノは変えづらいし、押し付けでなく自発的なものだと本人も自然とそうなっている事が多いし、しっくりきている事が多いだろうから貫く事にストレスはあまりないだろう。
ただ、ふとそうじゃなかった時の自分はどうなんだろう?
と、それを知りたい欲求が湧いてきたりする。
自分の中の小さな自分はきっと何人かいて、その内の少数の何人かは今自分が向いてる方向にちょっと燻りながら、前ならえしてるのだ。
たまにはそいつをフォーカスしてやると、結局みんなにとって良かったりして、全てが上手く回り出したりする。
人には言わない自分との対話をして、ガス抜きしたり、ちょっとキャラ変えしたり、普段やらない事をやる欲求。
その姿は、割と人から見ても美しいもんだ。
今回はロックなバンド/アーティスト達のそういう話。

f:id:idwcufds:20180427010019j:plain

 
本来のバンド、アーティスト活動とは離れたロックバンド/アーティストのサイドプロジェクトを今回は集めてみました。
本来のバンドでは出来ないこと、メンバーのソロだったり、別のメンツで集まった新バンドだったり。
真逆を行くもの、或いは延長戦発展系、デモ集的な役割。
始まりのアイデンティティーはきっちり存在しつつ、振り返って聴いてみると、そのオルタナ性が良く気づけば本家より耳に心にひっかかる、なんて事も多々ある。
肩の力を抜いたり、ギアを入れ替えた別の表情は、ロックは多彩である様に対比的に見ても面白く聴ける。
そんな秀逸なサイドプロジェクト集
知ってるもの、そうでないものどっちも、聴きながら読んで頂けると幸いです。
 
 

1.Foxboro Hot Tubs

f:id:idwcufds:20180412104245j:plain

Green Dayによるサイドプロジェクト。

覆面バンドながらバレバレのほぼグリーンデイのメンバーで行われる苛烈でナチュラルなガレージロックバンド。

60sのパブで飲んだくれながらバンドサウンドをかき鳴らし歌い散らすドランキーなロックンロールを爆笑しながら大量の酒を投げつけてくる様なハチャメチャな快感。

グリーンデイの演奏/ボーカルスタイルはそのままでも、よりルーツミュージックに近いストッパーの外し方で、奔放さが強めなのが大きな特徴だ。

 


Stop Drop And Roll!!!- Foxboro Hot Tubs w/lyrics.

www.footballsoundtrack.com

ビリー・ジョー・アームストロングは2018年、The Longshotというサイドプロジェクトもスタート。こちらもストレートに爽やかなロックが聞けて新鮮。

www.footballsoundtrack.com

2.The Last Shadow Puppets

f:id:idwcufds:20180428003534j:plain

アークティック・モンキーズのフロントマン、アレックス・ターナーと、UKインディーロックバンド、ラスカルズのマイルズ・ケインによるデュオバンド。

ロックのモダニズムの体現者であるアレックスのボーカルで演じる、古き良きブリッティシュロックの香りを再現する様なスタイリッシュで古風なサウンド。

モダンなスピード感と格式高いサウンドをミックスし、アレックスのボーカルとケインのコーラスのハーモニーと共に、艷やかでアイロニーな世界観はどこか神聖。

見た目も凄いキリッとしつつアートで何だか根源的にカッコイイ2人。


The Last Shadow Puppets - Standing Next to Me

 

3.Me First and the Gimme Gimmes

f:id:idwcufds:20180428004527j:plain

NOFXのファットマイクが発起人のファットレックコーズ近辺のバンドが集まったパンクスーパーグループ。
ロック・ポップス・カントリーあるいはJ-Popのパンクカバーをファニーに行うアツい男たち。

男気あふれるコアなパンクとは離れ自然体にカッコイイ姿で、耳馴染みの良い名曲のカバーを音楽を楽しむかのように歌うのだ。
メンバーは時折入れ替わるがラグワゴンノーユースまでストリート界隈のパンクレジェンドばかり名を連ねる。

Swingin' Uttersのスパイクのボーカルが何ともハスキーで超絶セクシー。

 


Me First and the Gimme Gimmes - Top of the World

 

www.footballsoundtrack.com

4.Atoms For Peace

f:id:idwcufds:20180428011653j:plain

Radioheadのフロントマン、トム・ヨークRed Hot Chili Peppersのベーシスト、フリーがタッグを組んで発足したスーパーグループ。
そもそもこの2人が音楽界でも至宝の2人なのに、BECKやREMのプロジェクトに参加するジョーイ・ワロンカー、ブラジル人のパーカッション、マウロ・レフォスコ、そしてレディオヘッドのプロデューサー、ナイジェル・ゴドリッチという大物が脇を固める世界最強のポストロックバンドになった。
淡く揺らめく様に、それでもエネルギッシュに。ロックではない何かを鳴らす、何もかもから逸脱したドープな音楽。
理解の範疇を超えた怖さとともに、圧倒的な迫力に上下左右もわからずただ深く呑まれる唯一のタイプの音楽だ。
 
 

5.The Raconteurs

f:id:idwcufds:20180428232408p:plain

ジャック・ホワイトブレンダン・ベンソンのツインボーカル/ギターとグリーンホーンズのリズム隊が結集したオルタナロックシーンが震え上がるメンバーの揃ったバンド。

奇才の集まったスーパー・グループは、独特のリフを振り上げつつどストレートなガレージロックを鳴らす、漲るホンモノ感。

ジャックやブレンダンらしリフワークやボーカルが中心に存在しつつも、同窓会的なノリで集まりそれぞれがやりたい事が手に取るようにわかる類の抜群の信頼感が産むバンドのグルーヴもまた粋な部分。


Consolers Of The Lonely - The Raconteurs (Live From The Basement)

 

www.footballsoundtrack.com

6.Chickenfoot

f:id:idwcufds:20180429002558j:plain

ハードロック界の頂きを極めたヴァン・ヘイレンの元メンバーとレッチリのドラマーのチャドが偶然どこかのパブでセッションし、そこから生まれた漫画みたいな出会いの漫画みたいなバンド。

ギタリストとして招聘されたジョー・サトリアーニのギターが歌うように鳴り、チャドとマイケル・アンソニーのパワフルなグルーヴに、サミー・ヘイガーのハードロック国宝級のボーカル。

数々のニセモノの王道を脇道に蹴っ飛ばし、自分たちだけの王道を闊歩する超かっこいいオジサン達の超ハードロック。


Chickenfoot - "Soap On A Rope" (Official Music Video HD)

 

7.Rivers Cuomo

f:id:idwcufds:20180429003717j:plain

大好きWeezerのフロントマン、リヴァース・クオモもソロで3枚アルバムを出している。

曲作りの中で生まれたデモ集を1人でレコーディングした文系の彼らしいソロ活動。

ウィーザーらしいパワーポップでエモーショナルな瞬間もありつつ、ナチュラルでもっと心の穏やかで暖かい部分に触れたような心地。

剥いて剥いても結局はリバースの良さが胸に染みるし、ウィーザーより再生回数が多い曲もちらほらある実に名盤なのだ。


Rivers Cuomo - Blast Off!

www.footballsoundtrack.com

8.Them Crooked Vultures

f:id:idwcufds:20180429004824p:plain

クイーンズ・オブ・ストーンエイジのジョシュ・オム、フーファイターズのデイヴ・グロール、なんとレッドツェッペリンのジョン・ポール・ジョーンズ
仲良しのジョシュ・オムに加え、スーパー大先輩のジョン・ポール・ジョーンズを引き入れてしまう発案者デイヴの人柄が目立つ史上でもネームバリュー的には屈指のロックスーパーグループ。
それぞれの妙技が色濃く鮮やかに反映されたロックサウンドは、高揚感に満ちてカラフルなのにズシッと重厚。
名前負けしないというか、聞いて初めてわかるこのバンドの凄さもあるのだ。


New Fang

 

9.Tinted Windows

f:id:idwcufds:20180429005853j:plain

時を超えロック界のポップ職人たちが集まったスーパーグループ。

グランジをオルタナティヴにわたりきったスマッシング・パンプキンズのギター、ジェイムズ・イハ、3兄弟ポップ・ロックバンドのハンソンのメンバー、テイラー・ハンソンがボーカルを取り、パワーポップ職人ファウンテンズ・オブ・ウェインのベースのアダム、さらには大御所チープ・トリックのドラマー、バン・E・カルロスで組んだ泣く子も笑うポップネス最強連合。

1ミリでもズレればダサいと切られかねないポップロックを極限まで突き詰め、ずば抜けた瑞々しさは甘くて物凄いキレのある音を響かせ続けるまさに職人技なんだろう。


Tinted Windows - Kind Of A Girl

 

www.footballsoundtrack.com

10.Beady Eye

f:id:idwcufds:20180429211920j:plain

オアシスは兄であるリーダーのノエルの脱退によって終焉を迎え、残されたメンバーはリアムを中心としてビーディー・アイを立ち上げた。

ノエルがいないだけで、その他のメンバーは楽器を持ち替えたりしているが全くのオアシスメンバー。

単なる引き算ではなく、いなくなったからこその空間を(本人たちが望まなくとも)しっかりと感じつつ、ある種ミニマムにストレートなロックメロディーを奏でた。

ちょっとこのスモーキーな空気感は、時の経った今いっそう輝いている気がしてならないのだ。


Beady Eye - 'The Beat Goes On'

www.footballsoundtrack.com

11.The Voidz

f:id:idwcufds:20180429213821j:plain

彗星のような登場以降、ロックンロールという人体の心臓部を担い再びロックの血流を熱くたぎらせたストロークスのカリスマ的フロントマン、ジュリアン・カサブランカスのソロプロジェクト。

当初はジュリアン+ヴォイズという名前だったが2018年のアルバムではヴォイズの名義になりよりバンドとしてのメッセージが濃くなった。

全員パンチのあるファッションと髪型とヒゲ。凄く奇天烈な見た目通りの強烈にアンタッチャブルな音楽。

難解というよりは痛快にぶっ飛んだ劇薬的なロックは、込み入った感じはなくナチュラルにサイケに楽しめるのだ。


The Voidz - Pyramid of Bones (Official Video)

 

12.BNQT

f:id:idwcufds:20180429230210j:plain

インディーロックバンド、ミッドレイクのメンバーを中心にフランツ・フェルディナンド、トラヴィス、バンド・オブ・ホーセズ、グランダディという極上のバンドから世にも美しいメンバーの揃ったスーパーグループ。

ロックの響き方みたいなモノを熟知した文句なく鮮やかなサウンドは眩くて厚みあるパワフルさ。

奥ゆかしくも強靭なハーモニーは、神聖な雰囲気までする極上の一品的。

 


Bnqt- Hey banana

 

13.Gorillaz

f:id:idwcufds:20180429233010j:plain

ブラーデーモン・アルバーンが立ち上げた本家も凌駕しそうな超有名バーチャルバンド。

世界で最も売れたバーチャルバンドとして名を残し、その世界観とキャラクター達の個性はすっごい魅力的。

最早ベテランのバンドになった彼らに何の違和感もなく、ミステリアスさよりもその楽曲のクオリティー+世界観のパーフェクトな景観が彼らが世界一になった要因でもあるのだ。


Gorillaz - Feel Good Inc. (Official Video)

 

少しだけ違う秘密めいた響き

以上いかがでしたでしょうか?

こういうバンド、知らなかった!って言われた時の快感が半端なくデカイ。

秘密めいていながら、そう留めておきたくはないし、なんとも絶妙でオルタナティヴなサイドプロジェクト達。

本家があってこそ、というのは重々理解しつつも、何年か経てばかなり聴き込んでいるなんて事もある。

果敢でナチュラルで美学的で、一発でソレとわかる必殺技だったり、粋なバンド達なのである。

 

それではまた別の記事で。