Football soundtrack 1987-音楽とサッカーに想いを馳せる雑記‐

1987年生まれサッカー・音楽(ROCK)好きがサッカー・音楽・映画などについて思いを馳せる日記

【サマソニ2017 行ってきた後半その1】SUMMER SONIC 2017 8.20 TOKYO レビュー! 後半戦その1

SUMMER SONIC 2017 8.20 TOKYO 行ってきた!!レビュー後半戦その1!!

 

前半戦はコチラ!!

www.footballsoundtrack.com

 

後半戦②はコチラ!!

www.footballsoundtrack.com

 

 

All Time Low ポップパンクと現代的スタジアムロックバンド

f:id:idwcufds:20170822164809j:plain

f:id:idwcufds:20170822164829j:plain

f:id:idwcufds:20170822164855j:plain

再びマリンステージに入り、今年Newアルバムを出し、その変貌・成長ぶりをみせつけた今や世界的なポップパンクバンド、オールタイムローのステージへ。

爽やかにセクシーな夏男といった風貌で、女性の黄色い歓声とパンクスの怒号が混じる。

アレックスはフーファイへの敬意なのかニルヴァーナTシャツを着ていた。

 

www.footballsoundtrack.com


All Time Low: Last Young Renegade [OFFICIAL VIDEO]

 

いきなり今年のNewアルバムのリードトラック’Last Yong Renegade’から入る。

アルバムの音源で聴いた時は、勢い良く刺さるポップロック・パンクサウンドから、ジミーイートワールドのような美しいノイズをより広範囲に降らせるような音への変貌のインパクトが凄く残っていたが、実際にこのステージで聴いてその変貌の根幹の想いが伝わった。

スタジアムに響きやすい浸透性の高いクリアかつモイストな音は、フロントエリアだけでなくより遠くまで包み込むスタジアムロックバンドのそれであり、危ういくらいの方針転換もバンドの変貌と共に変わる場所を意識した確実で巧みな成長の姿だった。

ロウにダヴに空間を支配するスロウナンバー’Dirty Laundry’でマリンはこの日一番の清涼さに包まれた。

それでもそれを反動にするように、「踊っちまおうぜ!」とギアを入れなおしてプレイする’Weightless’’Lost In Stereo’で、しっかりとフロントエリアを燃え上がらせ、「あっちにはサークルピットがあったけどこっちにはないのかい?」と煽ったりと、ポップパンクバンドらしいノリの強い側面も見せる。


All Time Low - Dear Maria, Count Me In (Live from Straight To DVD)

最後は’Dear Maria, Count Me In’でしっとりとした空間を沸騰させる、ポップパンクバンドの誇りを感じるようなラスト。

今、先頭切って走る世界的なポップパンクバンドの、最新モードはしっとりとアツい最高のステージだった。

 

Setlist 

1.Last Young Renegade

2.Damned If Do Ya

3.Backseat Serenade

4.Dirty Laundry

5.Nice2KnoU

6.Cinderblock Garden

7.Something's Gotta Give

8.Weightless

9.Lost In Stereo

10.Dear Maria, Count Me In

 

メッセ、ソニックステージに戻る

オールタイムローを見終えてメッセへと歩きで戻る。

この道中もソニッカートに溢れる。フーファイのモチーフが多め。

じりじりと期待が高まる。

f:id:idwcufds:20170822174415j:plain

f:id:idwcufds:20170822174444j:plain

ソニックステージへと向かい、まだ時間有ったので60店舗くらいあるソニ飯を適当に選び昼食食いがてらメッセ内を散策して歩く。

ソニックベガスでは女流雀士がカンチャン待ちをロン上がりしてて、サイレントディスコは相変わらずの人気。

ミニステージではニャンコスターという着ぐるみ界最強のドラマーが圧巻のプレイを見せて入場規制並みの人が集まっていた。

この幕間の時間も十分に祭り感あって楽しいのだ。

f:id:idwcufds:20170822175250j:plain

f:id:idwcufds:20170822175306j:plain

f:id:idwcufds:20170822175336j:plain

f:id:idwcufds:20170822175400j:plain

 

New Found Glory 20年2000回のポップパンクヒストリー

f:id:idwcufds:20170822175703j:plain

f:id:idwcufds:20170822175725j:plain

15分くらい前にはソニックステージについて、ニューファウンドグローリーを待つ。

座ってたんだけど、続々を僕を追い越しあっという間に人で埋まっていく。

入りきらないんじゃないかというくらいのペースに期待感の高さはうかがえるし、ソニックじゃ小さかったんじゃないかと思うくらい。

今年で20周年。新アルバムもひっさげててはいるけども、これまでのキャリアをなぞるようなセットリストにも期待がかかる。

www.footballsoundtrack.com

 


New Found Glory - Understatement

大歓声と共に、メンバーが現れてあっという間に始まった’Understatement’

一瞬でフロアを沸騰させるこのインスタントさと膨大なエネルギーを含んだメロディックなサウンド。あんまり声が出ていなかったけど、それは僕らも一緒に歌って補ういつもNFGの光景だ。

’All Downhill From Here’’Hit Or Miss’と息切れを全く気にしないセットリストに、各地で「うぉぉわぁぁぁ」と感涙したような歓声があがり続け、アッと言う間にハッピーなライブ感を創り出す彼ららしい光景。

ステージ上の両サイドには、これまでのアルバムジャケットが描かれたパネルがあって、視覚的にも思い出がいっぱいになる。

MCで、本当かどうかはわからないけど、これが2000回目のライブだって言っていた。

細かい回数とかは何でもいいが、とんでもない回数のライブでもはやレジェンドの域にいるバンドが、ここまで近くで元気に走り回っているのを見ると、ファンとしてはポップパンクは死なないと確信を持たざるをえない。

NEWアルバムから'Call Me Anti-Social'、エピタフ時代の’Truck Stop Blues’'Anthem For the Unwanted'もプレイし、新旧織り交ぜ普段とは違う曲も網羅した展開はセレブレーションに満ちていたし、4人になってより軽やかなメロディーは抜群の疾走感だった。


New Found Glory - My Friends Over You

名カバー’Kiss Me’をはさみ、’Dressed To Kill’そして’My Friends Over You’で幸せは絶頂を迎える。

彼らが体現してきた=ポップパンクという音楽ジャンル自体の中での歴史的なアンセム、2000回の内、何度も何度も聴いたこのラストの瞬間。

この先何十年経っても、どんなステージでも、この曲の瞬間を大切にしたいのだ。

そういう気持ちと共に、笑顔のまま終えるライブ。

少し声が出ていなくても、いつも通り、そしてこれからもポップパンクを完遂するだろう信頼を強固にしたライブだった。

 

Setlist

1.Understatement

2.All Downhill From Here

3.Truck Stop Blues

4.Hit Or Miss

5.Something I Call Personality

6.Selfless

7.Head On Collision

8.Call Me Anti-Social 

9.Truth Of My Youth

10.Anthem For the Unwanted

11.Failure's Not Flattering

12.Kiss Me (Sixpence None the Richer Cover)

13.Dressed To Kill

14.My Friends Over You

 

 

外に出ると涼しい夕風が身体を包む。

今年のサマソニのラストシーンへ向けてマリンへと歩く。

いよいよフーファイが近づいてきた。

 

長くなったので後半戦その2へ続きます!

www.footballsoundtrack.com