Football soundtrack 1987-音楽とサッカーに想いを馳せる雑記‐

1987年生まれサッカー・音楽(ROCK)好きがサッカー・音楽・映画などについて思いを馳せる日記

あの頃のJrock~エルレとビークルとアジカンと、時々、B-DASH~その2【2006年ごろのバンド達まとめ】

広告

2005年から2009年くらいのJrockバンドレビュー!

後篇ではそれぞれのバンドに想いを馳せていきます。

各バンドの我流レビューで、僕が想う彼らの魅力をまとめてみたいと思う。

当時の写真と当時の音楽を振り返りながらまとめていきます。

 

その1はコチラ!

www.footballsoundtrack.com

 

プレイリストはコチラ!

1.ELLEGARDEN  'Red Hot'

2.ELLEGARDEN  'Bare Foot'  

3.ELLEGARDEN  'Supernova'

4.ELLEGARDEN  'Fire Cracker'

5.ELLEGARDEN  'The Autumn Song'

6.ELLEGARDEN  'Alternative Plans'

7.BEAT CRUSADERS  'HIT IN THE USA'

8.BEAT CRUSADERS  'CUM ON FEEL THE NOIZE'

9.BEAT CRUSADERS  'ISOLATIONS'

10.BEAT CRUSADERS  'GHOST'

11.ACIDMAN  '赤橙'

12.ACIDMAN  '世界が終わる夜に'

13.ストレイテナー  'KILLER TUNE'

14.ストレイテナー  'SIX DAY WONDER'

15.ストレイテナー  'TRAIN'

16.ASIAN KUNG-FU GENERATION  'リライト'

17.ASIAN KUNG-FU GENERATION  '藤沢ルーザー'

18.ASIAN KUNG-FU GENERATION  '君の街まで'

19.ASIAN KUNG-FU GENERATION  'アンダースタンド'

20.10FEET  'super stomper'

21.10FEET  'RIVER'

22.10FEET  '4REST'

23.10FEET  'freedom'

24.GOOD4NOTHING  'Stick With Yourself'

25.GOOD4NOTHING  'It's My Paradise'

26.GOOD4NOTHING  'Summer'

27.GOOD4NOTHING  'In The Mosh Pit'

28.ASPARAGUS  'Wander Around'

29.ASPARAGUS  'Nap'

30.The band apart  'coral reef'

31.The band apart  'my world'

32.B-DASH  '平和島'

33.B-DASH  'フーファイ'

34.B-DASH  '情熱たましい'

35.dustbox  'Try My Luck'

36.dustbox  'Tomorrow'

37.HAWAIIAN6  'Magic'

38.HAWAIIAN6  'Promise'

39.locofrank  'START'

40.locofrank  'voyage'
41.Northern19  'STAY YOUTH FOREVER'
42.Northern19  'MORATORIUM'
43.ART-SCHOOL 'EVIL'
44.ART-SCHOOL '水の中のナイフ'
45.DOPINGPANDA 'MIRACLE'

46.チャットモンチー'風吹けば恋'

47.チャットモンチー'シャングリラ'

48.フジファブリック'MONSTER'

 

Ⅰ,ELLEGARDEN

f:id:idwcufds:20170314234431j:plain

1998年結成 1stアルバムは2001年 オリジナルフルアルバムは5枚 現在は活動休止中

 

前回想いを馳せたので、ソングレビューはそちらもご覧頂けると幸い。

www.footballsoundtrack.com

肥大化気味だった人気の中、次のアルバムへのモチベーションの方向性を見失っての休止は大きな話題になった。
僕にとっての心のバンドで初期衝動にも近い、他にもそういう人は多いはず。
ポップパンクのカラッとした元気の良さとオルタナティブでインディーな擦れた格好良さのバランス。
日本のメロコアと洋楽のオルタナティブの交点的サウンドを実現した、玄人感すら感じるギター主体のバンドアンサンブルが時代の先頭を切っていた。
シンプルな構成にドラマティックさが加わるバンドの音と細美の無二の美声が、もう一つネクストレベルの音楽を感じさせ続け、。時代と歯車が噛み合うような絶対的さすらあった象徴的バンド。

セルアウトを嫌い、メディアを嫌う姿勢、ストイックでアツい心意気も魅力だった。

My Favorite Song

My Favorite Song

  • ELLEGARDEN
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes
My Favorite Songの様なギターロックの初期のサウンドから、Supernovaみたいなパワーポップとパンクの融合したメロディックなサウンド、休止直前のFire Crackerの骨太のロックサウンドまで、ロックを基軸にオルタナティブで多彩なサウンドを鳴らしたエルレ。
ナードで後ろ向きなメッセージを、カラッとしたメロディーに載せて届けるダメな俺たちの爽快さは今まで感じた事のないものだった。
ロックもポップも制圧した絶妙な聴きやすさも、数々の人の耳に届いた魅力だと思う。
僕が1番好きなのは1stフルアルバムのDON'T TRUST ANYONE BUT USの初期の彼らがやっぱりおすすめ。
乾いたギターサウンドとハイトーンで美しい細美の声、全体的にちょっとドライな感触が今までにないスタイリッシュな音楽だった。一家に一枚の名盤。
DON’T TRUST ANYONE BUT US

DON’T TRUST ANYONE BUT US

 

 

 

Ⅱ,BEAT CRUSADERS

f:id:idwcufds:20170316133612p:plain

1997年結成 2003年によく知られるメンバーになる 現在は解散
 
お面をつけた天才たちのバンド。
見た目のインパクトに引っ張られて聴きだしたらすげぇカッコいいバンド元祖1位だ。
キャッチーでモダンな曲を作る天才だった。
キラキラしたポップネスとロックのラフなパワー、そこにキーボードが加わりマジカルな旋律のポップロックを作りあげた。
拙すぎて逆に聞きやすい英詩を、独特の声のパワー溢れるヒダカトオルのボーカルも強烈なアイデンティティーだった。
HIT IN THE USA

HIT IN THE USA

  • BEAT CRUSADERS
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

音楽ファンの間でも一世を風靡した漫画、BECKのアニメのオープニングに抜擢されたりと、割かしメジャーなインパクトも持っていた彼ら。

数々のバンドに留まらず、つじあやのとかポップ畑のアーティストともコラボするなど積極的な活動も目立った。

ありえないくらい奇跡

ありえないくらい奇跡

  • つじあやのとBEAT CRUSADERS
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

ポップなメロディーに力点を置く事に注力し、ポップを恐れないロックサウンドを作った。

どこか幻想的なフィルターのかかるキラキラした音に、煌びやかでマジカルなパワーを感じる。

そのパワーのうねりの源は、やっぱりヒダカの声だと思うのだ。

野太いんだけど艶やかで、ビリビリくるパワーを持ってる。

マジカルなサウンドと強烈なロックボーカルのケミストリーがビークルの魅力だ。

ISOLATIONS

ISOLATIONS

  • BEAT CRUSADERS
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

Ⅲ,ストレイテナー

f:id:idwcufds:20170316141440j:plain

1998年結成 4人組 オルタナティブロックバンド

 

幅広い曲をやれる当代きっての実力派バンド。
甘くメロウなポップロックだけかと思えばギザギザのロックチューンもある。
どこかメジャーさもあるんだけど、単なる流行歌では終わらない芯の太さをもったロックなメロディー。
甘い、そして上手い。

スタイリッシュでロマンチックな雰囲気をもって、それでも観客が女子だけじゃなかったのは、そこにおもねらず楽曲の強さがあった確かなロックバンドだったからだ。

Six Day Wonder

Six Day Wonder

  • ストレイテナー
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

オーソドックスなロックサウンドも、色彩も濃淡も自在なアレンジと演奏でモダンなメロディーを作り上げる。

常に21世紀のロックバンドであろうとするバランス感覚が、常に時代を捉えた音楽性・世界観となって、現在でも聞かれ続けるアーティストとなっているのだ。

ギラついた曲でもセクシーな感じを失わないところも好き。

TRAINとかKILLER TUNEは死ぬほど聴いた名曲。

KILLER TUNE [Natural Born Killer Tune Mix]

KILLER TUNE [Natural Born Killer Tune Mix]

  • ストレイテナー
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

Ⅳ,ACIDMAN

 

f:id:idwcufds:20170316144021j:plain

1997年結成 3ピースのアートロックバンド

 

3ピースのスタイリッシュなロックバンドと言えば彼らだった。

聴かせる系?えーっとアシッドマンみたいな?の様な会話が蔓延っていた当時。 

人生観まで踏み込んだ文学的なテーマも、とてつもなく合う隙のない音で浸透させられる。

ものすごく遠くから距離を越えて聞こえてきたような、難しそうなテーマでもすんなり僕らに届く、柔らかくて鋭く響く声がアシッドマンにはあった。

帽子+ヒゲが日本一似合うと思う。 

赤橙

赤橙

  • ACIDMAN
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

陽炎の様に広がって空間ごと震える音の波紋。

アートなロックを聞けるかどうかの分水嶺みたいなバンドだ。

彼らが描いたアートに、大きく影響されたバンドも多いはず。

クールさとアツさ、静と動、ロックとアートを、限りなく同時に感じさせる技術があった。

それもベースにある軽やかさというか鋭いエネルギーを感じるサウンドがあってこそ。

それこそが気取ってないスタンスみたいなもので、僕が僕らの音楽という意識すんなり持てた要因でもあった。

スロウレイン

スロウレイン

  • ACIDMAN
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

Ⅴ,ASIAN KUNG-FU GENERATION

f:id:idwcufds:20170316155656j:plain

結成は1997年 ソルファは2004年の事
 
デビューは少し早く、僕らにとっても既にメジャーなバンドだった。
本当は一つ上の世代の人がリアルタイムど真ん中で聴いてたんだろう。
日本のロックの分岐点だと思うし、彼らの初動から時代が動いた。
日本のロックにおけるインパクトを考えた時、ニルヴァーナとかオアシスとかと何も変わりはないと思う。
ストレートなギターロックで純粋にいい歌のポイントを突いて来る上で、独特の日本詞の言い回しと淡い描写で、日本らしい世界観のロックを築いてきた。
僕らの見てきた風景にいつでも合う音は常にアジカンだった。
音で場所を思い出すような青春のバンドだ。
藤沢ルーザー

藤沢ルーザー

  • ASIAN KUNG-FU GENERATION
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
バンドの生音が主体のロックの迫力と、シンプルなギターサウンドが生む衝動感。
表示上豊かなメロディーを淡々と心地いいファルセットを交えながら届ける。
未来永劫残るだろう全員が認めるパイオニア的バンドである。
ベストアルバムだけでも全然いいけど、個人的には江の島シリーズが衝撃的でとても好きだった。
アルバム、サーフブンガクカマクラは至高の名盤だった。
ほんとに江ノ電乗りながら聴きたくなる、光景にロックが追いついたような名曲揃い。
是非是非聴いてみてほしい。
サーフ ブンガク カマクラ

サーフ ブンガク カマクラ

 

 

Ⅵ,B-DASH

f:id:idwcufds:20170316164817j:plain

1997年結成 2017年解散
 
解散なんてウソだろ。
でも暖かい終わりな気がするのも否めない。ありがとうビーダッシュ。
アジカンと並んで彼らの存在が多くの目に触れた事は大きい。
日本のメロディックハードコアを我流で継承した。
めちゃくちゃな歌詞も、キャッチーなリフも、メロディアスなサウンドも、憧れが詰まった新しい音楽だ。
ポップパンクらしい澄み切ったバンドサウンドは青い空の入道雲が眼に浮かび、田舎っぽい爽やかさが僕らにはカリフォルニアの風にも思えた。
意味不明な歌詞に隠れて、ストレートで優しいメッセージが胸の隙間を埋めていく様な暖かい感覚。
故郷みたいなホッとする優しさが、ごんごんの声にはあった。
ちょ

ちょ

  • B-DASH
  • J-Pop
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

【その3へ続く】