Football soundtrack 1987-音楽とサッカーに想いを馳せる雑記‐

1987年生まれサッカー・音楽(ROCK)好きがサッカー・音楽・映画などについて思いを馳せる日記

好きだけど、もう見れないバンド達に、想いを馳せて

広告

1.もう見る事の出来ないバンド達の音楽を聴いた時に思う事

 

f:id:idwcufds:20160716000932j:plain

 
もうこの目で見ることが出来ないバンド達にふと思いを馳せる瞬間が僕にはある。
 
自分の感情の話なので、定義は曖昧になるが 1980年代後半生まれでオルタナロック好きの僕にとってはNirvanaだったりOasisだったりno use for a nameだったり。
ビートルズやエルビスだってジミヘンも、もちろんそうなんだが、少しでも同じ時代を過ごしてきた彼らの曲を聴いている時、不意にモノクロ映画を見ている様な懐古感が沸き上がってくるのがわかる。
まるで30年後の世界で同じ曲を聴いているかの様に感じるのだ。
 
自分でも思うのだが、音楽ファンというものは凄いもので、自ら自分たちの信じるモノを探し、その自分達が信じた音楽に情熱を持ち心底愛して、自分の足で見に行ってそれを信じ続けることができる。
それ故に、その信じるモノがもう傍にいないとわかった時、決して簡単には処理できない哀情がそこに浮かぶのだ。
 
だからって聞かなくなるわけではないし、そうなんだですますこともできない。
 
割り切ることが出来ない、少しだけ究極に厄介なその感情についてふと考えた時に、ふわふわとした気持ちの中に何かしらの答えを探す事も一つの意義と感じた。
 
 

2.時が止まったバンド達

歩みを止めたバンド達にも様々な理由があるし、それによってはこのモノクロームな感情にも差がある。

本人達にとってはベストなタイミングで歩みを止める決断をする、或いは不幸で悲劇的な事故によって前へ進む事が出来なくなる事もある。影響力のあるメンバーの脱退によってオリジナルなメンバーでなくなる事も一つのケースかもしれない。
解散のタイミング、理由、復活の可能性、それら全てがファンの心情にダイレクトに影響するのだと思う。
 
 
僕にとってその感情の始まりはNirvanaだった。

f:id:idwcufds:20160716000605j:plain

1990年代に少年時代を過ごした僕にとっ て、心底好きになって良さを理解した頃にはカート・コバーンはこの世にいなかった。逆にNirvanaの良さを知ったからこそカートの死が持つ意味に気付い たとも言える。その事実に直面し意味を理解した時が、この想いの始まりだった。
その頃は追い求める様にNirvanaばっかり聴いていたし、多少この感情が 紐解かれた今でもpollyなんかを聴くと、しっとりと哀しくてふと思い出したりする。
 

 

Polly

Polly

  • ニルヴァーナ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 
少し話が逸れるかもしれないが、全く逆のケースとしてハイスタの再結成はそれだけで完結していた。
 
ずっと見たことのなかったハイスタをAIRJAM2012でこの目で見た時は、誰の予想も遥かに超えるくらいハイスタだったし、懐古感なんか吹き飛ばすくらいのパワーがそこにはあった。
時にはこういうケースもあるのだ。
 
色々言われたりするが再結成は概ねハッピーな事だ、だけどそれが望めない事もある。
 
 
2012年にこの世を去ったno use for a nameのトニーの声を聴くことはもう出来ない。

f:id:idwcufds:20160716000946j:plain

 
 
2015年に行ったFAT WRECKのフェスでハイスタやラグワゴン、NoFXなど名だたるパンクバンドがフェスの最後、ステージ上に集合しバンドもバラバラに組直しno useをカバーした。
会場もステージ上も哀しさや寂しさもひっくるめて、爆音でファストに音を鳴らす。
抜群の曲の良さを再確認すると共に、このステージみたいな事が大切なのだと思った。
僕にとってその日のハイライトはハイスタではなくno useのステージになった。
 

 

Soulmate

Soulmate

  • No Use for a Name
  • パンク
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

 
 まったく別の理由でOasisの再結成は今のところないだろうが、再結成の可能性があるバンドはいっぱいいる。だがOasisもSugarcultとかもそうだと思うのだが、再結成の可能性うんぬんというよりは、この目でもう見れない・新しいものが聞けない・また聴けるのはいつになるかわからないという寂しさのほうが僕にとっては大きい。
 
そもそも音楽というものへの評価だったり愛だったりというものは、全ての人にとって普遍ではない。ある人には宝物である人にはゴミ。それでいいのだ。
一つのバンドの停止による、その心情も人によって、或いはそのファンの中でもバラバラであると思う。しかし大小あっても、僕が冒頭で触れたモノクロームな心情は音楽を愛する人の共通の心情なのだと感じるのだ。
 

3.僕らの感情の置き所

 
音楽ファンならばその寂しさだったり、虚しさ、何か足りないなって感じる様な感情をどうすればいいのか。
 
一つ、月並みだが、その音楽達を信じ続けて語り繋げる事だと思った。
そもそも音楽を知るきっかけなんてそんなもの。誰かが好きって言ってたから。
時間が止まった事で、まだ聞いた事のない人達の中で忘れ去られるのではないし、それこそファンとしては悲しい。
忘れ去られてはいけない。
止まっているからこ そ神格化されるのもいいんだが、変わらないからこそ寄り添ってくれていると考えるのが温かみがあっていいのかなと思った。
 
時が止まって、タイムレスなパワーを帯びて、自分でモノクロに色をつけて、誰にも邪魔されない聴き手の物語の中で輝く事ができる良さだってあるのだ。
 
のっけから寂しいとか虚しいとか書いているけども、実際問題彼らの曲をきけば、否が応でもテンションがあがるモノだ。
音楽ファンに宿る音楽細胞ってものは、シュンとした気持ちの後に訪れるやっぱりいいなこれだっていうパワーで、20回落ちても100万回上がれる様に出来ている。
the whoも言っていたけど、悩んだまま、踊らせるのがロックなのだ。
 
だからこそ、このモノクロームな感情も繋げていってもいいのだと思う。
その音楽について考えて、結局やっぱりいいなに戻ってくる再解釈を経て、噛み砕いて語り継ぐ事で自分の中で揺るぎないものになる。
時には、寂しさにホロリと涙してもいいと思う、そのバンドが大好きなら必ずその後に笑えるはず。
そんな瞬間こそ、音楽ファン冥利につきる時だと思うのだ。