Football soundtrack 1987-音楽とサッカーに想いを馳せる雑記‐

1987年生まれサッカー・音楽(ROCK)好きがサッカー・音楽・映画などについて思いを馳せる日記

音楽‐バンドレビュー

Foo Fightersに想いを馳せる【バンドレビュー・ソングレビュー】【ニューアルバム "Concrete And Gold"9.15】

世界最強のロックバンドを紐解く フーファイターズに想いを馳せて 色んなバンドの音楽を長い事聴いていると、ふと天啓の様に急にあのバンドを聴きたい!という衝動が訪れる事がある。 シャッフルをぶった切って、そのバンドを狙って聴いた時の高揚感は、いつ…

【バンドレビュー】Circa Wavesに思いを馳せる【モダンロックバンドに心を打たれた小コラム】

僕の夏に強烈なインパクトを残した新進気鋭の若手ロックバンドに想いを馳せる その2 この夏心に残ったバンドのレビューその2。 www.footballsoundtrack.com サーカウェイヴスは2-3年前から騒がれていたバンドだった。 この惑星で1番の、とか 今聴くべきUKロ…

【サマソニ2017 行ってきた後半その2 フーファイターズ】SUMMER SONIC 2017 8.20 TOKYO レビュー! 後半戦その2【Foo fighters】

SUMMER SONIC 2017 8.20 TOKYO 行ってきた!!レビュー後半戦その2 フーファイターズ!! 前半戦はコチラ! SWMRS CIRCA WAVES INABA SALAS www.footballsoundtrack.com 後半戦その1はコチラ! All Time Low New Found Glory www.footballsoundtrack.com SUMMER SO…

【サマソニ2017 行ってきた後半その1】SUMMER SONIC 2017 8.20 TOKYO レビュー! 後半戦その1

SUMMER SONIC 2017 8.20 TOKYO 行ってきた!!レビュー後半戦その1!! 前半戦はコチラ!! www.footballsoundtrack.com 後半戦②はコチラ!! www.footballsoundtrack.com SUMMER SONIC 2017 8.20 TOKYO 行ってきた!!レビュー後半戦その1!! 前半戦はコチラ!! 後半戦②…

【サマソニ2017 行ってきた】SUMMER SONIC 2017 8.20 TOKYO レビュー! 前半戦

SUMMER SONIC 2017 8.20 TOKYO 行ってきた!!レビュー前半戦!! もうこの夏、ロック的に満たされた。 サマーソニック2017のフーファイを観終わった瞬間の充足感は、例年にない感覚だった。 もちろんデイヴ・グロールという強烈な憧れの対象をこの目で見たとい…

【長編】No Use For A Nameに想いを馳せて【今聴く美しい曲10選】

史上最も美しいパンクバンド、No Use For A Nameに想いを馳せて What a Beautiful song ever!! Tony Sly tribute by Ken Yokoyama「Soulmate/No Use For A Name」8/28/2012 物事の美しさってのは、人によって違いがある。どっからどこまでっていう範囲も人そ…

【今月新譜① モノアイズとは】MONOEYES 'Dim The Lights' 序論【バンドレビュー】

序論 モノアイズとは何か? 未だにエルレの亡霊みたいな奴がいる。 エルレのあの頃は良かった、ハイエイタスは難しいし、モノアイズは聴く気にもならないって奴。 思いっきり世代の僕としてもエルレの熱狂ぶりというのは今のどのバンドとも規模が違ったと思…

【ソングレビュー後篇】All Time Lowに想いを馳せて-ポップパンク最高の世代-【2017年新曲もサマソニも】

新世代の先頭を行く、現代最強のポップパンクバンド、オールタイムローに想いを馳せる!ソングレビューの後篇! 前回のバンドレビューはコチラ!! www.footballsoundtrack.com 新世代の先頭を行く、現代最強のポップパンクバンド、オールタイムローに想いを馳せ…

【バンドレビュー前篇】All Time Lowに想いを馳せて-ポップパンク最高の世代-【2017年新曲もサマソニも】

新世代の先頭を行く、現代最強のポップパンクバンド、オールタイムローに想いを馳せる 意地になって嫌いと言い続け、中々認めたくないものってあるのだ。僕にとって茄子とかそう。昔なんか味より色とかが嫌で避けていただけで多分もう食べれるけど、なんか認…

【バンドレビュー】Fountains Of Wayneに想いを馳せる-パワーポップ日和-

お気に入りパワーポップバンドFountains Of Wayneに想いを馳せるレビュー 春うららである。 桜も散りつつあり、春満載感がなくなり、梅雨までの間の4.5月がとても春うららである。 梅雨ってもんがあるからこその貴重な晴れやかな時間を噛みしめる季節は、毎…

【2000年代前半Pop Punkアンセム30曲前篇-SP,NFG,FOB,GC...】あの頃のポップパンクバンドにまとめて想いを馳せるサウンドトラック

2000年代前半、あの頃のポップパンクに想いを馳せる 00年代。 ちょうど中学生になった僕にとって、もっとも多感な時期を過ごした年代であり、色んなものに熱中した時代である。 今でこそ幅広く音楽を聞かなきゃなって自分の中でなっているが、僕を音楽ファン…

【長編バンドレビュー】MXPXに想いを馳せて【エムエックスピーエックス】

一生モノのバンドになった!MXPXに想いを馳せて iPhoneのロック画面の壁紙って生活において結構重要なウェイトを占めるんじゃないかと思う。この人センスあるな、と思わせたい部分。 結局のところ、僕の場合迷いに迷って、直近で心の琴線を震わせた何かをし…

Nirvanaによせて-ソングレビュー18-

Nirvanaの曲に想いを馳せるソングレビュー 前篇に想いを馳せたレビューはコチラ。 www.footballsoundtrack.com 後篇は曲に想いを馳せるソングレビュー。 色んな所まで広がってほしいから、なるべくフラットに書くつもりでいる。 読む人だってニルヴァーナへ…

Nirvanaによせて-今僕がニルヴァーナを聴き続ける理由-

4/5 ニルヴァーナに想いを馳せる 1987年生まれの僕は、今年の秋に30歳を迎える。 僕にとってニルヴァーナは物心ついた時には、もういなかったバンドだ。 それでも以前書いた時に触れたけど、ロックなバンドを探してる道の途中に、必ずニルヴァーナは存在する…

【バンドレビュー】NoFXに想いを馳せて

世界で最もパンクなパンクロックバンド、ノーエフエックスに想いを馳せる 周囲に怒りをふりまく人っているのだ。 いっつも怒った顔をして、人の粗を探すのがいつの間にか上手くなって、怒涛の勢いで批判しまくる。 多分自分でもわかってるんだ、迷惑なのは。…

【PUNKSPRING 2017 Final バンドレビュー】最後のパンクの春に想いを馳せる【セットリストの予想も】

3/26 PUNKSPRING2017 Fainal TOKYO に想いを馳せるレビュー 3/26の幕張メッセの東京公演をもって、パンクスプリングは11年の歴史を閉じる。 今回はPUNKSPRING2017FINALについてのプレビュー。 バンドに想いを馳せ、そのセトリもかるーく予想する。妄想…

【バンド&ソングレビュー10】Beady Eyeに想いを馳せて-オアシスの先のインディーロック【リアム・ギャラガー】

ソロ発売前、リアムを振り返りBeady Eyeに想いを馳せて 今、最も僕が待ち遠しいのはリアムギャラガーのソロアルバムだ。 今年の夏、サマソニとソニマニへの出演が決まり、ますますその期待は高まる。 www.footballsoundtrack.com ノエルがやらないオアシスの…

【ソングレビュー後編 20+1曲】SUM41に想いを馳せて-世界を制して死にかけたパンクロッカー-

前編はこちら! www.footballsoundtrack.com 3rdアルバム'chuck' 2004年 更に重く鋭くなったメタリックなサウンド中心の3rd。 このアルバムの後に、ギターのデイヴは脱退する。 'We're All To Blame' Sum 41 - We're All To Blame このアルバムからはこれ。 …

【ソングレビュー前編 20+1曲】SUM41に想いを馳せて-世界を制して死にかけたパンクロッカー-

サマソニ2017も来る!SUM41に想いを馳せて 前回想いを馳せたレビューはコチラ! www.footballsoundtrack.com 時系列でアルバムを並べながら彼らの楽曲を紹介していきます! 重くなるので2部構成で! それではさっそく聴きながらご覧ください。 1stEP 'H…

【バンドレビュー】SUM41に想いを馳せて-世界を制して死にかけたパンクロッカー-

サマソニ2017も来る!SUM41に想いを馳せて キレのある数字ってのがある。 フットボールでは10番とか14番とか18番とか。 野球では1番とかバスケでは23番とか。 それだけで意味を持つ、カッコいい番号。 外国はふとした数字の使い方がかっこいい。 ニュー…

【2017.4/28 NEW albumリリース!】New Found Gloryに想いを馳せて ポップパンクの英雄【バンドレビュー】

【追記2017.1.26】 2017年4月にニューアルバムリリースが発表になりました! 選考してシングルが2/16に公開予定だそうで! 振り返りにサラッと読んでいただければ幸い! 公式サイトのアナウンスはコチラ! www.newfoundglory.com ポップパンクのキラーチュー…

【バンドレビュー&コラム】Bowling For Soupと学生時代と僕らの音楽【スクールアンセム】

Bowling For Soupに想いを馳せて 皆様の学生時代はどうだったであろうか? 特に高校、洋楽ではハイスクールと言われる時代だ。 僕には、良くも悪くも無かったし、言いようのない閉塞感みたいなモノは常にあった。 あの頃に戻れるけどどーする?と言われたら…

【オアシスの名曲選30】Oasis Songs 30後篇【オアシス 映画スーパーソニック】

オアシスの名曲 30選2 www.footballsoundtrack.com 16.It's Gettin' Better (Man!!) It's Gettin' Better (Man!!) オアシス ロック ¥200 provided courtesy of iTunes 高原で時折強まるつむじ風のような爽やかなうねりのギターサウンド。 キャッチーなフレー…

【オアシスの名曲選30】Oasis Songs 30前篇【オアシス 映画スーパーソニック】

オアシスの名曲 30選 仕事でも何でも普段日常から顔を合わさない人が一堂に会す場面てのは疲れる。 別に表立って最高潮に嫌い合っているわけではないけど、会って喋る機会が無さすぎて、何考えてんだかわかんないっていう不満が募る人達同士。 その場は何と…

【オアシス 映画公開】Oasisに想いを馳せるレビュー【スーパーソニック】

12/24 映画公開!オアシスに想いを馳せる Oasis - Married With Children (Official Lyric Video) 夜12時近く水道橋を歩く。 冷たい川風の中、屋台のある一角は賑やかでぼんやり暖かい。 巨人戦もないし、人も少ない。 ふと、iPodからOasisの'Married With C…

【たくさんバンドレビュー/Skate punk/melodic】パンクロックを支え続けたバンド達 後篇1【PUNKSPRINGに来て!】

ラストPUNKSPRING2017も決定!ますますパンクが最近アツいバンドレビュー! 前篇ではパンクシーンを支えてきたオルタナティブで代表的なバンドを紹介した矢先に、来年のパンクスプリングの日程が決定した。 そして来年が最後という事も。哀しい。 決定したバ…

【バンドレビュー/PUNK】パンクロックを支え続けたバンド達 前篇【初めての人もどうぞ】

初めての方もどうぞ!パンクロックを支えたバンド達! 2016年の大河ドラマ真田丸が面白い、という話を方々で聞く。 真田信繁はもちろん、草刈正雄演じる信繁の父・真田昌幸、大泉洋演じる信繁の兄・真田信幸の2人の描写が多いのが歴史ファンとしては嬉しいと…

【バンドレビュー】Bad Religionに想いを馳せて‐パンクロックとは‐【コラム】

秋の夜長にパンクロックについて考える 秋ってのは物思いに耽りやすいから、「何とかの秋」って良く言われるんだと思う。 夜が長くなって思考の迷宮にハマり頭の中がこんがらがってきた時、読書をして頭の中をスッキリとさせたり、運動して身体ごとスッキリ…

MONOEYES 新EP 10/26リリース&全国ツアー決定!ここまでのモノアイズを振り返る・全曲レビュー!

MONOEYES 新曲発売決定!10/26リリース! 細美武士率いるモノアイズが新曲リリースを決定しました! この夏も、ありとあらゆる夏フェスに出まくり、きっちりと盛り上げてきた彼らの新曲はいよいよ楽しみ。 そこでモノアイズというバンドのここまでを振り返っ…

Offspringに想いを馳せて-炎のパンクバンド-

炎のパンクロックカーズ サマソニ2016のレビューでも書いたけども、もう何度も日本で見ているんだけど、どうしてもまた見たくなる。 www.footballsoundtrack.com 行きつけのお店で同じ定食を頼み続けるかの如く、『あいつ、あれしか頼まねーな』って店員さん…